ソリオ タンク・ルーミー 人気車種を徹底比較

【2019】ソリオとタンク/ルーミーを比較!子育てにはどっちが良い?

更新日:

ソリオ タンク/ルーミー

ソリオかタンク/ルーミーどっちを選ぶべき?

ミニバンをひと回り小さくしたプチバン。そんなプチバン(コンパクトトールワゴン)の中で人気を二分しているのが「スズキ・ソリオ」と「トヨタ・タンク/ルーミー」。

タンクとルーミーはフロントグリルとテールランプのデザインが多少異なるものの、ベースモデルは同じなので自動車としての性能に関してはほぼ同一と言って問題ありません。

では、子育て世代にとってより使いやすいと感じるのはどちらのモデルなのでしょうか?そこで徹底的に比較してみました!

補足メモ

タンク/ルーミーとそっくりな車「ダイハツ・トール」は、タンク/ルーミーのOEM元の車(簡単に言うとメーカーが違うけどほぼ同じ車ということ)です。

顔のデザインが少し違うこととメーカーの違いはありますが、ベースは同じ車になります。

ですのでこちらの記事では、トールはタンク/ルーミーに含めます。

最新の人気は?2019年7月新車販売台数

2019年7月の最新データと累計販売台数がこちら!

メーカー車種【7月】新車販売台数【2018年累計】新車販売台数
トヨタルーミー9,477台86,265台
トヨタタンク7,521台73,799台
スズキソリオ3,074台44,884台
ダイハツトール2,103台25,982台

出典:自販連(日本自動車販売協会連合会)データ

この4台の中ではルーミーが人気で、昨年はソリオに約2倍も差をつけています。

また最近ではこのボディタイプの売れ行きが良く、普通車全般の新車販売台数の中でもルーミーは最新7月ランキングで6位に入りました。

 

乗り降りのしやすさやスライドドア機能

大差はないですが手すりやステップランプなど、タンク/ルーミーのほうが乗り降りに優しい印象を持ちます。

 

スライドドア自動開閉ボタン

スライドドアの開けやすさはどちらもボタンが付いており大差はありません。

【ソリオ】

 

【タンク/ルーミー】

 

後部座席のステップ高

乗り込みの高さはソリオのほうがタンク/ルーミーより6mm低いです。わずかな差なので感覚的には同じぐらいと言ってもいいですね。

【ソリオ】

 

【タンク/ルーミー】

 

手すり

手すりはかなり違いますね。タンク/ルーミーのほうが大型で縦に長くなっておいるので、子供も大人も使いやすいです。

【ソリオ】

 

【タンク/ルーミー】

 

後席ステップランプ

タンク/ルーミーには後席ステップランプが付いています。足元を照らしてくれるのでお年寄りや子供の踏み外しや転倒防止にも役立ちますね。

 

内装・シートアレンジ・荷室

続いて車内空間の比較です。

シートアレンジ

シートアレンジに関してはいずれのモデルも高い機能性を持っています。どちらも後部座席を前側に倒してフラットな状態にできるので、ラゲッジスペースを簡単に拡大することが可能です。

ただし、後方に倒すという点で比較すると、ルーミーとタンクはシートを最大70度まで倒すことができるのに対し、ソリオは56度となっています。ですから、「車の中で横になりたい」というケースでは、ルーミーとタンクの方が使い勝手が良いでしょう。

【ソリオ】

 

【タンク/ルーミー】

 

【ソリオ】

 

【タンク/ルーミー】

 

ウォークスルー

どちらも1列目と2列目の間をウォークスルーできるので、運転席から後席に移動して子供のお世話をしやすくなっています。

室内長はソリオがおよそ40cm程度大きいため、ゆったりとした乗り心地や居住性に関してはソリオに軍配が上がります。

【ソリオ】

 

【タンク/ルーミー】

 

荷室

ソリオの開口高960mm開口幅1,065mm地上高665mmに比べて、タンク/ルーミーは開口高1,080mm開口幅1,077mm地上高527mmとなっています。

特に地上高は15cmの差があるので、自転車など重たい物を出し入れすることが多い方はタンク/ルーミーのほうが使い勝手が良いでしょう。

【ソリオ】

 

【タンク/ルーミー】

 

安全性

安全装備に関しては、ソリオに軍配が上がっています。というのも、ソリオにはセンサーカメラを使用した「デュアルカメラブレーキサポートシステム」が搭載されており、近くを走行する車両だけでなく歩行者の存在も感知して、危険があればすぐにブレーキを作動させることができるようになっています。

一方、タンクとルーミーに搭載されているのは車両検知用のレーザーシステムと単眼カメラを組み合わせた「スマートアシストⅡ」で、歩行者認識には対応していません。とはいえ、間もなく行われるマイナーチェンジにおいて、歩行者検知機能を備えた「スマートアシストⅢ」へ切り替えられるのではないかと期待されているため注目です。

 

【2018年11月追記】

2018年11月1日にタンク/ルーミーが発売以来初めてのマイナーチェンジを行いました。これまで搭載されていた「スマートアシストⅡ」から「スマートアシストⅢ」にグレードアップし、自動ブレーキが歩行者認識に対応しました。

差が無くなってきたように感じますが、ソリオは「後退時ブレーキサポート」が搭載されており、バック時にも自動ブレーキが作動する点が安全性において優勢です。

 

 

燃費

燃費は、1,2Lの「マイルド・ハイブリッドシステム」を搭載したソリオが32km/Lという低燃費を実現しています。

一方、タンクおよびルーミーに搭載されているのは、ガソリン車向けのVVT-i1.0Lターボエンジンで、燃費は21.8km/L前後です。

どちらも大変優秀な燃費となっているものの、排気量がより大きく走りが安定している事や、最大91馬力という力強さを考えると、「4人乗りで快適にドライブを楽しみたい」という子育て世代には、ソリオをおすすめします。

 

価格・値引き

ソリオの本体価格

HYBRID SZ(ハイブリッド):2,179,440円~
HYBRID SX(ハイブリッド):2,019,600円~
HYBRID MZ(マイルドハイブリッド):1,954,800円~
HYBRID MX(マイルドハイブリッド):1,703,160円~
G(ガソリン):1,459,080円~

 

タンク/ルーミーの本体価格

G“Cozy Edition”: 1,730,160円〜
カスタムG-T:1,965,600円
カスタムG:1,836,000円〜
G-T:1,803,600円
G:1,684,800円〜
X“S”/X:1,463,400円〜

 

値引きはどのくらい?

ソリオは7月のマイナーチェンジから数ヶ月経ったため、値引きもされやすくなりました。オプション込み値引きで20万が合格ラインでしょう。

一方タンク/ルーミーは11月にマイナーチェンジを発表したばかりのため、値引きはかなり渋られそうです。オプション込み値引きでも5万~10万ぐらいで合格ラインとなりそうです。

しかし、ソリオやタンク/ルーミーといった「コンパクトトールワゴン」は、他にもダイハツのトールや、スバルのジャスティ、三菱のデリカD:2などライバル車が豊富なので、しっかりと競合させて値引きを引き出しましょう。

また値引きも大切ですが、今乗っている車を高く売ることも新しい車の購入資金になるのでしっかりと買取店にアプローチしていきたいところです。

 

ちなみにディーラーで下取り予定の方はいますか?そのまま下取りに出していたらわが家は危うく25万円も損するところでした…。

損しない正しい売り方を理解してトータルで車を安く買うコツをまとめましたので良ければ参考にしてみてください。

 

またお得に新古車や未使用車を見つける方法もまとめたのでこちらも参考になれば嬉しいです。

 

ソリオvsタンク/ルーミー徹底比較表

ソリオタンクルーミー
デザイン
室内長251.5cm218cm
室内幅142cm148cm
室内高136cm135.5cm
車両重量950kg他1070kg他
スライドドアパワースライド(電動)両側・片側 設定あり両側・片側 設定あり
開口幅64cm60cm
ワンタッチ開閉・ロック*1
イージークローザー*2
シート2列目座席スライド幅16.5cm24cm
ステップの高さ(地上高)リア(後部座席)36cm36.6cm
荷室66.5cm52.7cm
日焼け対策ロールサンシェイド(後部座席左右)タイプ別設定標準装備
99%UVカット・IR(赤外線カット)ガラスタイプ別設定タイプ別設定
メーター位置真ん中運転席側
安全装備ブレーキサポートタイプ別設定タイプ別設定
車線逸脱防止タイプ別設定タイプ別設定
誤発進抑制タイプ別設定タイプ別設定
先行車発信お知らせタイプ別設定タイプ別設定
サイドエアバッグタイプ別設定メーカーオプション
クルーズコントロール*3タイプ別設定タイプ別設定
燃費JC08モード(カタログ値)ハイブリッド32.0km/L

マイルドハイブリッド27.8km/L他

ガソリン24.8km/L他

ガソリン24.6km/L他

 

車両本体価格145~217万円146~196万円
最新オプション込み値引き目標額20万5万~10万
新車/中古車検索新車見積もり非公開車両から探す

+ *1~4の機能解説はこちらをタップ

  • *1 ワンタッチ開閉ロック…ドアノブの横に付いているボタンで、パワースライドドア(電動)の開閉とロックができる機能
  • *2 イージークローザー…半ドア状態から自動的に全閉する機能
  • *3 クルーズコントロール…アクセルペダルを踏まずに一定の速度で走行できる機能

 

子育てにはどっちが向いている?

ここまで見てきましたが、お互いにマイナーチェンジが発表され大きな差も無くなってきたように感じます。

強いて言うならばソリオにはハイブリッドも選べるため、燃費を重視するならソリオがおすすめです。

大型の手すりや車内で横になるなど室内の使い勝手をより重視したいという方はタンク/ルーミー(トール)がおすすめです。

ディーラーで下取りしたら〇〇万円も損するところだった…!

ディーラーに言われるがまま下取りに出してしまうと損する可能性があります。

私の愛車セレナを一括査定してもらった結果、下取りとの差額が25万円もありました。

かんたん車査定ガイド」なら最大10社の査定額を比較できます。申込みはたったの45秒、無料、キャンセルOK。

もう下取りで決めているんだという方でも、一括査定は下取り額アップの交渉材料にもなります。

入力画面上ですぐに相場・概算価格が分かるので、まずは営業マンに伝えて足元を見られないようにしてください。

今の相場価格だけ知りたい方の利用もOK。車の価値は日に日に下がっていくので早めにチェックしておきましょう。

※提携している査定会社の一部

\利用者数は280万人を突破/

かんたん車査定ガイド詳細はこちら

⇒たったの45秒!愛車の概算価格を調べる

早分かり!車一括査定ランキング

初めて使う方にも分かりやすく安心できるサイトをランキングにしました!

参考記事車買取一括査定サイトおすすめ人気比較ランキング

かんたん車査定ガイド

特徴早分かり

  • 提携業者は全て優良企業
  • 概算価格がスグに分かる
  • サイト名通り入力がかんたん
  • 45秒で依頼があっという間
  • 利用者数280万人を突破

ズバット車買取比較

特徴早分かり

  • カスタマーサポートで困った時も安心
  • 概算価格がスグに分かる
  • 利用者数100万人を突破

カーセンサー

特徴早分かり

  • 提携業者は1000社以上
  • 大手買取業者から地域密着店まで幅広く対応
  • 地方住みの方におすすめ

-ソリオ, タンク・ルーミー, 人気車種を徹底比較
-, , , ,

Copyright© 【くるまログ】ファミリーカーおすすめ人気ランキング , 2019 All Rights Reserved.