チャイルドシートテーブルはどこで売ってる?100均やスリーコインズ(スリコ)にもある?

当ページのリンクには広告が含まれています。
チャイルドシートテーブルどこで売ってる?

車での移動、特に長距離は、子供たちにとって退屈で不快な時間になりがちです。

しかし、そんな時に頼りになるアイテムがチャイルドシートテーブル(デスク)。

これ一つあれば、車内時間も格段にアップしますよ!

この記事のまとめ
  • ダイソーやセリアなどの100均一ではチャイルドシートテーブルは扱っていない
  • スリコ(スリーコインズ)では2022年と2023年に発売されていたが現在オンラインショップではは扱っていない
  • カー用品店やホームセンターでも取り扱いは少ない(あっても1種類程度)
  • 大手メーカーからは販売されておらず、Amazonや楽天などのネット通販入手がおすすめ。
目次

チャイルドシートデスクが売っているところ

ダイソーなどの100均やスリーコインズ(スリコ)などで、チャイルドシートテーブルが売っているかどうか確認したのですが、ダイソーでは同様の商品または代替品となるような商品はなさそうでした。

スリーコインズ(スリコ)では、2022年と2023年におでかけデスクという名称で1650円にて販売されていましたが、現在のところ取り扱いはされていないようです。

引用:palcloset

シンプルなデザインで人気があったようですが、現在はスリコ店舗でもウェブショップでも扱いが在庫がなく扱いがないようです。

メルカリなどのフリマサイトでの販売も調べてみました、売り切れが多いようですが、2023年11月現在少しだけ在庫があるようです。

また、スリコのチャイルドシートテーブル「おでかけデスク」の定価は¥1,650なので、メルカリで購入すると少し高くなってしまいそうですね。

そのほかのチャイルドシートテーブルの購入場所の候補として考えられるのは、カー用品店ですが、オートバックスやイエローハットなどのカー用品店でも取り扱いはほとんどないようです。

取り扱いがある場合でも、1-2種類程度のようなのでAmazonなどのネット通販で購入した方がいろんな種類から最適な商品が選択できそうです。

ネット通販の方が色や種類が豊富なんだね。

チャイルドシートテーブル、子供とのドライブをもっと楽しく!

え、チャイルドシートテーブルって何?

なんて声が聞こえてきそうですね。

そう、これが今日取り上げるアイテム、チャイルドシートテーブルです。

これは、子供のチャイルドシートに取り付けることができる小さなテーブルで、食事をしたり、おもちゃを置いたり、絵を描いたりするためのスペースを提供します。

うーん、でも取り付けるのって大変じゃないの?

心配無用!チャイルドシートテーブルの取り付けはとっても簡単。大抵のものはストラップで固定するだけなので、誰でも手軽に設置可能です。

さらに、使用しないときは簡単に取り外すこともできますよ。

これで、車中の子供たちが退屈することはもうありません。子供たちが自分の小さなテーブルで遊んでいる間、あなたは運転に集中することができます。

どうです、便利でしょう?

だからと言って、全てのチャイルドシートテーブルが同じというわけではありません。

種類や品質、安全性など、選ぶ際にはいくつかのポイントを考慮する必要があります。

>>チャイルドシートの選び方

チャイルドシートテーブル(デスク)の選び方

チャイルドシートテーブル(デスク)の選び方についてですが、まずは、チャイルドシートを使うお子さんの年齢とサイズを考えましょう。

チャイルドシートテーブルはサイズが様々なので、子供の体型に合ったものを選びましょう。

そして、子供が使いやすいと感じるデザインや色を選ぶのも大切です。

また、機能面ではある程度しっかりした構造で絵をかいたり字を書いたりすることに向いているタイプの商品やタブレッドの固定具やドリンクホルダーなどがついている、機能性の高い商品まで様々です。

車内でどのような時間を過ごしてもらいたいのか、どんな事が好きなお子さんなのかによっても選択肢は変わってくるでしょう。

チャイルドシートテーブルについては、コンビやApricaなどの大手チャイルドシートメーカーからは発売されていないため、汎用性の高いチャイルドシートテーブルを購入して利用することが一般的です。

以下にいくつか代表的なものをご紹介します。

チャイルドシートテーブルのラインナップ

どれもAmazonでの売れ筋商品となっており、人気の高さが伺えます。

構造としては、どれもシンプルなものなので製品によっての安全性の違い等はほとんどないと考えてよいでしょう。

年齢群製品の選び方
幼児(0-2歳)衛生面のことを考慮して、取り外しや清掃が容易な製品がおすすめです。
幼稚園・小学校低学年活動スペースが広く、色々な使い方ができる製品が良いでしょう。
お子さんがお絵描きやゲームを楽しめるスペースがあると、長距離のドライブも楽しくなります。

主にデザイン面での違いが大きいため、デザインの好みとチャイルドシートテーブルをどのぐらいの期間するのかによって、デザインを選択するのが良いと思います。

Amazon楽天で多数の商品が取り扱われていて、価格としては、2,000~4,000円が主な価格帯になっています.

車用テーブルという選択肢も

チャイルドシートテーブルの他に、車用テーブルという商品が販売されています。

主に運転席か助手席の後部座席に装着して利用するテーブルとなっており、ちょっとした軽食やドリンクやお菓子などを置いたり、商品によってはタブレットを固定できるものも販売されています。

こちらは、チャイルドシートを卒業したジュニアシートのお子さんも利用できるため、チャイルドシートテーブルを検討している場合は、こちらの車用テーブルも併せて検討してみることをおすすめします。

引用:Amazon

こちらの商品のような大きな商品の場合、キックガードとしての機能も果たしてくれるので、チャイルドシートに乗ったお子さんの靴が、運転席や助手席の後部にあたってシートに傷がついたり汚れたりするのを防いでくれる効果もあります。

そのほか、テーブルの機能に特化したコンパクトな車用テーブルもあるので、利用の用途や目的に応じて商品を選択することをおすすめします。

引用:Amazon

コンパクトなテーブルもあるんだね。

車の中を快適に過ごすためのグッツの紹介

お子さんと長期ドライブは、なかなか大変ですよね。

長期ドライブを快適に過ごすための便利グッツをご紹介します。

車載専用WiFiルーターDCT-WR100D

created by Rinker
Pioneer
¥21,014 (2024/02/24 08:04:02時点 Amazon調べ-詳細)

DCT-WR100Dは車載専用で、年間13,200円でインターネットつなぎ放題(1か月換算1,100円)本体にはバッテリーが搭載されておらず、車内に置きっぱなしでも火災等の心配がない安心設計。

通信速度も高速でAmazonプライムビデオやYoutubeの高画質閲覧も問題ありません。

車内で思う存分動画やインターネットができるので、長旅でも退屈せずに過ごせますよ。

>>DCT-WR100Dの詳細レビュー記事はこちら

まとめ

この記事のまとめ
  • ダイソーやセリアなどの100均一ではチャイルドシートテーブルは扱っていない
  • スリコ(スリーコインズ)では2022年に発売されていたが現在は扱っていない
  • カー用品店やホームセンターでも取り扱いは少ない(あっても1種類程度)
  • 大手メーカーからは販売されておらず、Amazonや楽天などのネット通販入手がおすすめ。

チャイルドシートテーブル(デスク)は多種多様で、それぞれに特性と利点があります。

カー用品店等では取り扱いが少ないため、Amazon楽天などの通販サイトでの購入することをおすすめします。

これらのサイトでは、幅広い種類のチャイルドシートテーブルを比較し、お子さんの年齢や好み、そして使用目的に最適なものを選ぶことができます。

価格も高くないため、お子さんの年代に合わせて購入し、成長とともに買い換えてしまっても良いですし、あらかじめシンプルなデザインや機能のものを選択して長期にわたって利用しても良いですね。

お気に入りの商品を見つけて、家族みんなで快適なファミリードライブをお過ごしください。

関連記事はこちら

  • URLをコピーしました!
目次