【2023年】チャイルドシート種類と正しい選び方

当ページのリンクには広告が含まれています。
チャイルドシートの選び方

チャイルドシートってどうやって選んだらいいの?たくさんのメーカーから色々なシリーズのチャイルドシートが出ており、購入する前に迷う方は多いと思います。この記事では、チャイルドシートの種類や選び方のポイントなどをご説明します。

目次

チャイルドシートは法律で義務付けられています

まずはじめに心得ておきたいことをお話します。昔は、チャイルドシートの着用は義務ではありませんでした。しかし、2000年の道路交通法の改正によりチャイルドシートの着用が義務付けられました。

一応、法律に違反してチャイルドシートの着用をしなくても刑法に問われるわけではありませんが、交通違反の点数が加点されます。チャイルドシートの着用義務があるのは6歳未満と法律で定義づけられているため、6歳未満の子供を自動車に乗せる場合はチャイルドシートは必須です。

構造上チャイルドシートを設置できない、チャイルドシートを使用すると授乳ができないなどやむを得ない理由に該当する場合は使用義務が免除されるものの、基本的にはチャイルドシートが欠かせません。何より重要なのは子供の安全なので、車で出かける場合は必ずチャイルドシートを着用を守ってください。

チャイルドシートの種類

チャイルドシートの種類は大きく4つに分けられ、子供の年齢によって種類を使い分けます。

・新生児・乳児用ベビーシート
・乳児用チャイルドシート
・学童用ジュニアシート
・兼用タイプ

順番にみていきましょう。

新生児・乳児用ベビーシート

まだ生まれたばかりから1歳くらいまでの子供を対象としているのが、乳児用ベビーシートです。寝かせるタイプのチャイルドシートも販売されていますが、多いのは椅子型のチャイルドシートですね。

専用商品は少なく、新生児からジュニアシートまで成長にしたがってパーツを取り外すことで利用できる用品が多いです。後ろ向きに座らせる商品が多く、シートが回転するものがほとんどです、シートを回転させることでシートへの乗り降りも楽にできるように工夫されています。

\ Amazonで商品を確認 /

幼児用チャイルドシート

幼児用チャイルドシートは、1歳から4歳くらい、体重9kgから18kgくらいの子供を対象としています。乳児用ベビーシートは進行方向と逆向きの商品も多いのに対して、幼児用チャイルドシートは進行方向と同じく前向きに設置する形です。

1歳未満ではまだ本人の動く力がさほど強くはありませんが、4歳くらいになると動く力も強まりますので、しっかりと固定できる商品を選びたいところです。新生児用と同じくジュニアシートまでパーツの取り外しで対応している商品が多いです。

\ Amazonで商品を確認 /

このころからチャイルドシートを嫌がってぐずり出すお子さんも多い時期ですが、安全の為に必ず装着するようにしましょう。
>>チャイルドシートのぐずり対策の記事はこちら

学童用ジュニアシート

4歳から6歳くらいまでの大きめの子供が使える学童用ジュニアシートは、シートベルトを子供が利用できるようにサポートしてくれます。新生児用チャイルドシートでジュニアシート対応のものをそのまま利用される方もいらっしゃいますが、ジュニアシートは価格が安価になるので、コンパクトなものに買い替えを行う方も多いです。

\ Amazonで商品を確認 /

兼用型の商品が多数

チャイルドシートの多くは先に挙げた3種類のどれかに分類されますが、最近では乳児用ベビーシートと幼児用チャイルドシートを兼ねていて、パーツを取り外すことで、ジュニアシートまで対応するオールマイティな商品が増えてきています。

ただ、乳幼児/幼児用のチャイルドシートはしっかり固定する必要があるため重量のある大型のものが多いため、実際にはジュニアシートになるタイミングで、買い替えをされるケースが多いと思います。(私も結局買い換えました。)

チャイルドシートの選び方

個人的なチャイルドシートのオススメ購入方法

チャイルドシートの選び方に正解はないもの頻繁に買い換えるのは手間ですし金銭的な負担も増えます。

私もはじめチャイルドシートを購入する際に、同じように考え「大切なわが子を守るにはしっかりした高級な商品を。」と考え、有名メーカーの長く利用できる高額なチャイルドシートを購入しましたが、結局幼児になったタイミングで新しい幼児用チャイルドに買い替えを行いました。

理由は新生児対応のチャイルドシートは非常に重たく設置と移動が大変だったことと、汚れがひどくなってしまったので、リーズナブルな幼児用商品に買い替えを行いました。その商品もジュニアシートとしても利用できるものだったのですが、結局ジュニアシートも新しいものを購入することになりました・・・。

各家庭での利用方法などにもよると思いますが、我が家のように車に乗る機会が多かったりチャイルドシートの脱着を頻繁に行う必要のあるご家庭では、安全性ももちろん大切ですが、脱着のしやすさや重さなども重視された方が良いと思います。

また、チャイルドシートはカバーを外して洗える商品がほとんどですが、利用頻度が多く長期間利用することになると考えるとどうしても、汚れなどが目立ってきたりするのでそのあたりも考慮が必要です。

利用頻度や脱着の頻度などで、長期利用前提か買い替え前提かを、あらかじめ決めて商品選びをすることをオススメします。

取付方法で選ぶ

固定方法でチャイルドシートを選ぶやり方もあり、一般的なのはシートベルトを使うタイプです。車のシートベルトを通して固定するタイプのチャイルドシートが多く、車の種類と問わずに利用できるのが魅力です。

もう1つのタイプは※ISOFIX(アイソフィックス)で、こちらは専用の金具を座席のコネクター部分に差し込むだけとお手軽で、かつ揺れも抑えられます。女性だけでも簡単に固定できる一方、専用の金具を差し込む部分が必要なので、対応している車でなければ利用はできません。ご自身の車がISOFIXに対応しているか事前に確認することをオススメします。

数こそさほど多くないものの、シートベルトとISOFIXのどちらも利用できる兼用のチャイルドシートもあります。例えば車が2台持ちの家庭で、1台は古い車でISOFIXなし、もう1台はISOFIXあり、適度に付け替えることが多いのであれば兼用タイプが使いやすいですね。

※ISOFIX(アイソフィックス)とは
自動車の座席にチャイルドシートを固定する方式の国際標準規格。日本ではISO-FIXと表記されている事もある。
2012年7月以降に発売された車はISOFIXに対応しています。

回転式か固定式で選ぶ

回転式か固定式かで選ぶ方法もあり、回転式は文字通り座席を回転させられるタイプです。子供を自動車に乗り降りさせるのが楽な点、安定感がある点などはメリットですが、回転式は重量が重いことが多く価格が高めというデメリットもあります。

固定式は完全に固定して使うタイプのチャイルドシートで、こちらのメリットは回転しないため故障しにくい点です。また、回転式と比べて重量が軽く価格がお手頃であること、商品のラインナップが豊富な点も見逃せないポイントです。

チャイルドシートを選ぶ際の注意点

注意点

安全性を確認する

どの商品を選ぶとしても、必ず安全性を最重要ポイントとして意識しなければいけません。まず気をつけたいのはECE-R44に対応かどうかで、これは2012年より日本でも適用が開始されたヨーロッパ発の安全基準です。

現在はECE-R44に未対応の商品は発売されていないはずですが、昔のチャイルドシートだと最新の安全基準に対応していないなんてこともあり得ます。ECE-R44に対応している商品にはEマークが、それ以前の安全基準で作られている商品には自マークがあるため、マークの確認は必須です。

また、チャイルドシートアセスメントをチェックするのも重要で、こちらは国土交通省と自動車事故対策機構による安全性能の評価のことです。チャイルドシートアセスメントの結果をまとめたパンフレットは車検場などで無料配布されており、自動車事故対策機構のサイトも公開されているので、ぜひチェックしてみてください。

>>自動車事故対策機構(チャイルドシートアセスメント)

自分の車が適合しているか確認する

自動車にチャイルドシートを取り付けられるのか、これを事前に確認するのも重要なポイントです。チャイルドシートのメーカーは適合表を公開しており、こちらを確認すれば取り付けできる車種が分かります。

購入してから取り付けができないことが発覚する、このようなことがないように気をつけたいところです。夫婦でそれぞれ違う車種の自動車を所有している、祖父母の自動車を利用することがある、このようなケースでは全ての選択肢を確認しておくのも重要です。

関連記事はこちら

  • URLをコピーしました!
目次