トヨタ ヴォクシー/ノアの年間維持費はいくら?節約方法もチェック! | 【くるまログ】ファミリーカーおすすめ人気ランキング
  1. ホーム
  2. ミニバン
  3. ヴォクシー
  4. ≫トヨタ ヴォクシー/ノアの年間維持費はいくら?節約方法もチェック!

トヨタ ヴォクシー/ノアの年間維持費はいくら?節約方法もチェック!

ヴォクシーの年間維持費はいくら?

トヨタ自動車のヴォクシー/ノアは、ガソリン車とハイブリッド車の設定があります。そのため、どちらのシステムを選ぶかによって、維持費はガソリン代を中心に変わってきます。また、ハイブリッド車の場合は、エコカー減税が適用されることになりますので、新車購入時の自動車取得税がかからないことになります。この点ではハイブリッド車の方がお得になると言えるでしょう。

ヴォクシー/ノアを維持するためにかかるコストとしては、税金分をまず考えなくてはなりません。ヴォクシー/ノアの場合、自動車税が毎年39,500円かかってきます。これに自動車重量税が10,000円必要です。さらに、自賠責保険は定額で徴収され、13,920円かかります。合計すると63,420円が税金などの必要コストとしてかかることになるでしょう。

ただし、自動車重量税は新車購入時から3年間エコカー減税の適用によって無料となりますので、30,000円がトータルで浮く計算となります。税金関連の費用は浮かしようがありませんので、最初から必要維持費として見ておくようにしましょう。

これに加えて、車検費用がかかってくることになります。車検代はディーラーに出すか一般の会社に依頼するかによって大きく変わってきます。また、車検のタイミングで行う整備の中身でもかなりコストが変わってきますので、その都度いくらくらいかけられるのかをしっかりと考えるようにしましょう。だいたいの相場としては7万円から12万円というところです。これに加えて、オイル交換などの定期メンテナンスのための費用、任意自動車保険代、ガソリン代、高速料金などがかかってくることになります。

 

ガソリン代を節約するには?

車の年間維持費の中で最も高くつくものと言えばやはりガソリン代でしょう。ガソリン代を浮かすことができれば、相当な節約となります。ヴォクシー/ノアはハイブリッドグレードがありますので、購入時に一年間の大体の走行距離を念頭に置いて、ハイブリッドにした場合のガソリン代と、ガソリン車の場合とを計算し、およそのガソリン代を出してみると良いでしょう。ほとんどの場合、長く乗っていると車両本体価格が高くなるとしても、ハイブリッド車の方がガソリンを節約できるため、トータルでより安く乗れることになります。

さらに、普段の車の運転の仕方を見直してみるのも大事です。できるだけエコモードを使用して無駄なパワーを使わないようにする、急な発進や空ぶかしをしない、十分な車間距離を常に保ってエンジンの回転数を安定させるなどを心掛けるようにしましょう。また、必要のない荷物は車の中に置いておかないようにして、できるだけ軽い状態で車を走らせることも肝心です。

ハイブリッド車の場合は、市街地での走行よりも高速走行時の方が燃費が悪くなる傾向にありますので、高速道路での走行ではスピードを出し過ぎないことや、急ブレーキを踏まないようにゆとりを持って走ることが、燃費を少しでも改善する助けとなります。ちょっとした走り方の違いで燃費は結構変わってくるものですので、ガソリン代を節約するためにも優しい運転をするように意識したいものです。そして、オイル交換をこまめにするなどして、エンジンの性能を常に最適な状態に保つというのも大事なポイントとなります。

 

自動車保険を節約

税金や自賠責保険は割引のしようがありませんので、必ず定額でかかってくることになります。その分、他のコストで節約することができます。たとえば、任意の自動車保険は上手に商品を選べばかなりコストを削減できます。まず、車両保険を入れるかどうか損害保険だけに留めておくかということが大事なポイントです。こればかりはそれぞれがどこまで万が一のために備えておくかということによって変わってきますので一概には言えませんが、車両保険を入れるとヴォクシーの場合は下手すると10万円近い保険料の差額が出てくることもあるということを覚えておきましょう。

その他に、補償内容を厳選することでできるだけ保険料を減らすようにすることが大事です。対人補償や対物補償については何があるか分かりませんので、制限をかけずに契約した方が安心でしょう。一方で、他の特約などはそれほど必要性が高いものではありませんので少額でも大丈夫ですし、内容によっては補償を付けなくても良いというものもあります。

任意保険は補償内容と共に、年齢や保険等級によってかなり保険料が変わってくるものです。特に保険等級は大きく金額を上下させますので、大事な要素となります。しかし、自分では保険等級は変えられないものですので、もし保険料を節約したいと思うのであれば、より保険利用期間が長い夫に妻の車の保険をまとめる、場合によっては同居している親の保険にまとめるという方法を採ることができます。こうした形でも補償は普通になされますので、より保険料をお得にするためには有効な方法です。

最近では簡単に自動車保険を見積もり比較できるサイトもあるので、こういうのをうまく利用して節約するのも一つの方法ですね。

⇒【無料】自動車保険一括見積り詳細はこちら

下取りとの差額がこんなにも・・・

ディーラーに言われるがまま下取りに出してしまうと損する可能性があります。

私の愛車セレナを一括査定してもらった結果、下取りとの差額が25万円もありました。

 

かんたん車査定ガイドなら最大10社の査定額を比較でき、申込みと同時に概算価格も分かります。申込みはたったの1分程度、無料で利用OK。

 

もう下取りで決めているんだという方でも、一括査定は下取り額アップの交渉材料にもなるので利用して損はないですよ。

 

※提携している査定会社の一部

 

利用者数は280万人を突破↓ 無料かんたん車査定ガイドはこちら

⇒愛車の概算価格を調べる