1. ホーム
  2. ミニバン
  3. セレナ
  4. ≫日産セレナの口コミ評判!実際に買い替えた6人に本音を聞いてみた!

日産セレナの口コミ評判!実際に買い替えた6人に本音を聞いてみた!

やっぱり実際にセレナに乗っている人の本音が知りたい!!

そこで6人にセレナの感想を聞いてみました。

燃費や使い勝手など詳しく聞きましたので、参考にしてみてくださいね♪

 

実際にセレナに乗ってみた感想は?

旧型と現行に分けて紹介します。

 

旧型セレナ(2010年~2016年7月)

30代 女性 4人家族
  • グレード:C26 ライダー
  • 燃費や走行性能は?:高速道路では風の影響が結構あり、道路の境目も結構感じます。坂道では上りは問題ないですが、下りでは早めのブレーキを心かけないとブレーキの遊びが多いので、最後強く踏まないといけない状態になりました。
    燃費については購入時10キロくらいといわれましたが、平均燃費の表示は9.4位です。たまに遠乗りしますが、ほぼ街乗りです。
  • 乗り心地や使い勝手は?:広く感じますし、シートアレンジも多彩に出来ますので、良かったですが、両端にした時は背もたれが倒すのに3列目シートを収納したままだと3列目シートにぶつかり少ししか倒れません。荷室は十分な広さがあり、ベビーカーは常に積んで外出してました。
  • 全体的な感想は?:良いところはハンドルを切った時にライトが補助で増えるので見やすくなる。ガソリンタンクが右側なので、給油がスムーズに案内してもらえる事がある。不満な所はデザインは好きなんですが、フロントボディに飛び石が他の車種に比べてしやすいかなと感じました。

 

30代 男性 4人家族
  • 年式:2011年式
  • グレード:C26
  • 燃費や走行性能は?:高速道路では燃費も良く13km/L以上で走行できます。一方、市街地や住宅街ではアクセル、ブレーキの回数が多くなるので燃費は10km/L以下になります。坂道では4人までは発進も問題ありませんが、7人、8人などの人数になるとパワー不足を感じます。
  • 乗り心地や使い勝手は?:広さや乗り心地は同クラスの他メーカーの車種と大差はありません。3列目シートも他メーカーと大差なく、まずまずの乗り心地です。チャイルドシートは2列目に設置することが多いと思いますが、全く問題ありません。
  • 全体的な感想は?:同クラスのミニバンの中でセレナの最もオススメな点は2列目シートの中央部が1列目に移動可能なことです。これは非常に便利で、3列目に乗り降りする時でも2列目シートを倒す必要がありません。総合的にセレナはミニバンの中で最もオススメできる車種です。

 

40代 男性 3人家族
  • 年式:2011年式
  • グレード:ハイウェイスターVセレクションⅡ
  • 燃費や走行性能は?:坂道や高速道路での走破性は問題有りませんが、燃費はエコモードで街乗り平均で11キロ/ℓとイマイチ物足りない状況です。
    高速に乗ればこちらもエコモードで12キロ/ℓ程度になりますがそれでももう少し良くなって欲しいですね。
  • 乗り心地や使い勝手は?:子供がいるのでベビーカーをたたまずに乗せられるのは流石ですね。
    但し乗せる時に向きを考えないと後方視界に影響するので注意して下さい。
    後2列目でチャイルドシートやジュニアシートのベルトをするときは他の車種よりもカチッとハメ辛いですね。
  • 全体的な感想は?:売れている車なので、他の人が乗っているのによく見かけます。
    もっと外観上で差別化出来るアイテムが欲しいですね。
    後リコールが何回か有りましたが、その時のディーラーの対応が遅くで困りましたので、是非改善して欲しいですね。

 

50代 男性 2人家族
  • 年式:2013年式
  • グレード:ハイウェイスター
  • 燃費や走行性能は?:私は常にエコモードで走行しています。その場合の燃費は高速道路では約15km/l、一般道では約9km/lです。通常モードであればもう少し燃費は悪くなると思われます。簡易的なハイブリッド車とはいえ、もう少し燃費がいいことを期待していましたが、個人的には思ったほどではありません。                                 高速道路の走りはとても安定しています。坂道についても普通に登ってくれます。エコモード時は多少遅く感じますが、通常モードに切り替えれば何の問題もありません。
  • 乗り心地や使い勝手は?:広さについては申し分ありません。とても快適です。普通の体格の大人が7人乗っても、狭さを感じさせません。時々車中泊をしますが、布団を敷き大人二人が十分に寝ることができます。        荷室は3列目シートの後ろ側の空間とその床の下にあります。まあこんなものかなという感じです。特に不自由は感じません。3列目シートについては、作り自体がほぼ2列目シートと同じなので、座り心地等は悪くはありません。
  • 全体的な感想は?:とにかく車内空間が広いためとても快適です。窓も大きく密閉感を感じさせません。先日、トヨタのアルファードに乗ってみたのですが、こんなに窓が小さかったんだと感じたほどです。形もとても気に入っています。個人的には最近の新車よりもこちらの方が好きです。唯一不満な点は、もう少し燃費が良ければということです。

 

 

現行セレナ(2016年8月~)

 

30代 男性 3人家族
  • 年式:2016年式
  • グレード:X(2WD)
  • 燃費や走行性能は?:購入当初は、公称値として燃費17kmとなっていましたが、長距離走行した時でも燃費15kmといったところでした。
    そこで、ECOモードで走行するようになったのですが、走り出しが少しもたつきますが、それ以外は、通常モードの時とさほど変わらないので、殆どECOモードでの走行をしています。坂道も2016年式より前の物に比べるとスムーズに登ってくれます。
  • 乗り心地や使い勝手は?:セレナに乗り換える前はラフェスタに乗っていましたが、それに比べると格段に居住空間が広いです。
    また、後部座席については、サードシートスライドを付けたことにより、妻や子供が後部座席に乗る時には、足をめい一杯伸ばすことが出来るので、かなり寛いでいます。
    サードシートスライドで乗車しても4〜5人分サイズのキャリーバッグを載せることも出来ますし、同時にベビーカーも乗せて、なお荷物を載せられるので家族には申し分ない空間かと思います。
    そして、家族以外に実家の両親を乗せる時には、3列シートを全て使っていますが、乗り降りも面倒ではありません。
    私の父は、障害者で左足を引きずっていますが、乗り降りもし易いと言っています。
  • 全体的な感想は?:購入時には、ハイウェイスターGを購入検討しましたが、2016年式からデザインも良くなり、ハイウェイスターでは無くても見た目も格好悪くない印象を持ちました。
    そのため、ハイウェイスターGで外観に取られる費用を内装のオプションに充填しました。
    そのおかげで、外見は、ハイウェイスターに比べると優しい感じになっていますが、内装は、乗る人に居心地の良い空間を提供出来たと考えています。

 

20代 女性 2人家族
  • 年式:2016年式
  • グレード:ハイウェスター2D
  • 燃費や走行性能は?:高速道路では、アクセルを踏まなくても速度調整していれば自動で走ってくれるので疲れもありません。坂道も難なく走れます。高速で長距離運転することが多いですが、ストレスなく走行でき燃費も悪くないと思います。
  • 乗り心地や使い勝手は?:車内は広々としていて、収納も豊富でどの席でもゆったり座れます。リクライニングなども細かく調整できますし、3列シートですが荷物を乗せる際も座席がしっかり上がり大容量の荷物が乗ります。チャイルドシートやベビーカーなど載せていても圧迫感もありません。
  • 全体的な感想は?:我が家はブラックのセレナを購入しましたが、外観もカッコよく内装も様々なカスタマイズができるので子供の成長に合わせて変えていけます。
    家族が増えてもこの車ならチャイルドシートや荷物など簡単に載せれることができるので遠出などにも最適です。

 

まとめ

実際に感想を聞いてみますと、旧型は街乗りでの燃費が10km/Lくらいで、物足りないなぁと感じている方が多いようです。また旧型も現行もECOモードをうまく利用されている方が多いですね!

居住性に関しては、広さ・シートアレンジにほぼ皆さん満足されています。ベビーカーもチャイルドシートも荷物もいっぱい載せても、まだまだいける!そんな印象を受けました!

関連記事セレナ ハイウェイスター Vセレクションの見積もりを公開!車両値引きは40万までいける!?

関連記事車の売り方ですべてが決まる!損せずに車を高く売る方法

下取りとの差額がこんなにも・・・

ディーラーに言われるがまま下取りに出してしまうと損する可能性があります。

私の愛車セレナを一括査定してもらった結果、下取りとの差額が25万円もありました。

 

かんたん車査定ガイドなら最大10社の査定額を比較でき、申込みと同時に概算価格も分かります。申込みはたったの1分程度、無料で利用OK。

 

もう下取りで決めているんだという方でも、一括査定は下取り額アップの交渉材料にもなるので利用して損はないですよ。

 

※提携している査定会社の一部

 

利用者数は280万人を突破↓ 無料かんたん車査定ガイドはこちら

⇒愛車の概算価格を調べる