高く売るコツ

車を売る前に洗車・キズ修理はしたほうが良い?査定の影響とは。

車を売る前に、キレイに洗車したほうがいいのかな?

凹みを修理してからのほうが高く査定してもらえるのかな?

と悩まれる方もいるのではないでしょうか?

 

正直、車によって、するかしないかの度合いは変わってきます。

車屋さんが査定時に、洗車やキズをどのように見るのか、この記事では解説したいと思います。

 

洗車するかしないかは査定額にそれほど影響しない

基本的には、洗車をした・していないによって、査定額はあまり変わりません。

 

ネットで調べてみると、「洗車は必ずしたほうが良い!」と書いていることがあります。でもそれは、ハッキリ言うと店側の都合なんです。

洗車されている車だと、査定時にとても見やすいんですよね。あとは、板金塗装跡の判別がつきやすくなり、それを見て事故をしたかしていないかの判断もしやすくなります。

こういう理由により、洗車をすすめているんですね。

 

「じゃあ洗車はまったくしなくても良いの?」と言われると、それも違います。

もし自分が車屋さんの立場だと、ドロドロの汚れた車で査定に来られた場合、最悪な印象を持ちますよね?車の印象はとても大事なんです。

 

 

洗車をしたほうが良い車

キズやへこみが少なくて状態の良い車は、洗車してキレイに乗ってきたアピールをした方がいいです。

やっぱり車屋さんも人間です。キレイな状態だと、車も人も印象が良くなります。

 

 

あまり洗車しなくても良い車

傷が目立つような場合は、洗車しないというよりかは、表面にほこりがあるくらいのほうがいいです。

特に、黒とか紫などの濃い色は、念入りに洗車をすると、かえってキズが目立ってしまいます。

キズが目立たないからといって、車屋さんの目をごまかすことはできませんが、キズを見落としてくれたらラッキーぐらいのつもりでいるのがいいでしょう。

 

 

キズやへこみは修理しなくて良い

キズやへこみは、基本的になおす必要はないです。

修理したからといって、査定額がプラスになるということもあまりありません。

なので、ヘタに修理するよりかは、そのまま査定に出した方が良いですね。

 

まとめ

[fukidasi color=”pink” avatar=”https://kuruma-log.com/wp-content/uploads/2017/02/IMG_0004.jpg” lr=”l” name=”ママ” type=”yoko”]
車の売却と言えども、結局は人対人なんだね。
[/fukidasi]

査定前には最低限の洗車をして、マイナス査定にならないよう、もしくはプラス査定してもらえるように、印象付けることも大切ですね。