車を売る前に洗車・キズ修理はしたほうが良い?査定の影響とは。 | 【くるまログ】ファミリーカーおすすめ人気ランキング
  1. ホーム
  2. 車を売る
  3. 高く売るコツ
  4. ≫車を売る前に洗車・キズ修理はしたほうが良い?査定の影響とは。

車を売る前に洗車・キズ修理はしたほうが良い?査定の影響とは。

車を売る前に、キレイに洗車したほうがいいのかな?

凹みを修理してからのほうが高く査定してもらえるのかな?

と悩まれる方もいるのではないでしょうか?

 

正直、車によって、するかしないかの度合いは変わってきます。

車屋さんが査定時に、洗車やキズをどのように見るのか、この記事では解説したいと思います。

 

洗車するかしないかは査定額にそれほど影響しない

基本的には、洗車をした・していないによって、査定額はあまり変わりません。

 

ネットで調べてみると、「洗車は必ずしたほうが良い!」と書いていることがあります。でもそれは、ハッキリ言うと店側の都合なんです。

洗車されている車だと、査定時にとても見やすいんですよね。あとは、板金塗装跡の判別がつきやすくなり、それを見て事故をしたかしていないかの判断もしやすくなります。

こういう理由により、洗車をすすめているんですね。

 

「じゃあ洗車はまったくしなくても良いの?」と言われると、それも違います。

もし自分が車屋さんの立場だと、ドロドロの汚れた車で査定に来られた場合、最悪な印象を持ちますよね?車の印象はとても大事なんです。

 

 

洗車をしたほうが良い車

キズやへこみが少なくて状態の良い車は、洗車してキレイに乗ってきたアピールをした方がいいです。

やっぱり車屋さんも人間です。キレイな状態だと、車も人も印象が良くなります。

 

 

あまり洗車しなくても良い車

傷が目立つような場合は、洗車しないというよりかは、表面にほこりがあるくらいのほうがいいです。

特に、黒とか紫などの濃い色は、念入りに洗車をすると、かえってキズが目立ってしまいます。

キズが目立たないからといって、車屋さんの目をごまかすことはできませんが、キズを見落としてくれたらラッキーぐらいのつもりでいるのがいいでしょう。

 

 

キズやへこみは修理しなくて良い

キズやへこみは、基本的になおす必要はないです。

修理したからといって、査定額がプラスになるということもあまりありません。

なので、ヘタに修理するよりかは、そのまま査定に出した方が良いですね。

 

まとめ

ママ

車の売却と言えども、結局は人対人なんだね。

査定前には最低限の洗車をして、マイナス査定にならないよう、もしくはプラス査定してもらえるように、印象付けることも大切ですね。

下取りとの差額がこんなにも・・・

ディーラーに言われるがまま下取りに出してしまうと損する可能性があります。

私の愛車セレナを一括査定してもらった結果、下取りとの差額が25万円もありました。

 

かんたん車査定ガイドなら最大10社の査定額を比較でき、申込みと同時に概算価格も分かります。申込みはたったの1分程度、無料で利用OK。

 

もう下取りで決めているんだという方でも、一括査定は下取り額アップの交渉材料にもなるので利用して損はないですよ。

 

※提携している査定会社の一部

 

利用者数は280万人を突破↓ 無料かんたん車査定ガイドはこちら

⇒愛車の概算価格を調べる