ガソリンとハイブリッド、お得なのはどっち?それぞれの特徴や価格差など詳しく解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
ガソリンかハイブリッドか?本当にお得なのはどっち?

車を購入しようと検討中の人は、ガソリン車とハイブリッド車のどちらを選べばいいか悩んでいることも多いのではないでしょうか。

ハイブリッド車はガソリンを使う量が少なくてお得?など、なんとなくの情報は知っていても、詳しくわからないことも多いかもしれません。

そこでこちらの記事では、車の基本の1つでもある、ガソリン車とハイブリッドやの違いや特徴を知り、それぞれのメリットやデメリットを知った上で、それぞれにおすすめな人はどのようなタイプなのかを解説します。

車を購入してどこに行こうかな?とワクワクしている人は、ぜひ車選びの参考に最後までご覧ください!

目次

ガソリン車の特徴

ガソリン車の特徴

はじめに、ガソリン車と呼ばれるタイプには、どのような特徴的な部分があるのかを詳しくみていきましょう。

  • 動力がガソリン
  • ハイブリッド車よりも安価
  • 維持費が高くつくことも

順に解説していきます。

ガソリンを動力に走行する自動車

ガソリン車は、その名の通りガソリンを使って動くタイプの自動車のことを指します。

ガソリンの中には、レギュラーガソリンとハイオクガソリンがあり、どちらを燃料にする場合でもガソリン車の分類です。

ガソリン車以外に、こちらの記事で比較するハイブリッド車や、完全に電気で動く電気自動車、軽油を燃料にするディーゼル車などがあります。

ハイブリッド車と比較すると車体が安い

ガソリン車は、基本的に同じ車種の同グレードで比較すると、ハイブリッド車よりも車体価格が安くお手頃なのが特徴です。

初期費用をなるべく抑えたい、という人は、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が購入しやすいと感じるでしょう。

また、走行距離がそれほどいかない人や、ちょい乗りしかしない人も、本体価格と燃費の良さを比較した時に、本体価格が安い方が得になることも多いので、ガソリン車を選ぶ方がいいかもしれません。

税金・燃費性能などの面でハイブリッド車より維持費がかかる

ガソリン車は本体価格がハイブリッド車よりも安いと解説しましたが、反対に維持費は高くつく可能性があります。

・ハイブリッド車は燃費が良いので、ガソリン費用が少なく済む

・エコカー減税といった、税金の面でもハイブリッド車の方が維持費が安い可能性が高い

初期費用を抑えた結果、維持費に高額がかかるとなると本末転倒なので、燃費の良さでどの程度得をするのか先に計算しておくのがおすすめです。

ハイブリッド車の特徴

ハイブリッド車の特徴

ガソリン車に続いて、ハイブリッド車の特徴的なポイントを解説していきます。

  • 動力はガソリンと電気の2種類
  • 車体が高価
  • ガソリン車より優れた部分が多い

それぞれ詳しくチェックしてみましょう。

ガソリンと電気の2種類を動力に走行する自動車

ガソリン車がガソリンだけを燃料にして動く車だとしたら、ハイブリッド車はガソリンと電気など、2種類を動力にする自動車のことを指します。ガソリンと電気といっても、通常のハイブリッド車は充電の必要はなく、ガソリンで走行している際に発生する余剰な動力を使って発電を行い、内部のバッテリーに自動的に蓄積する仕組みとなっています。

内部に蓄積された電気を使って、内部のモーターを動かすことで、ガソリンを使わずに走行することが可能となっています。そのため、使い勝手としては一般のガソリン車と同様です。

内部のバッテリーに充電することができるタイプの車種は、プラグインハイブリッド自動車(PHV)と言われ、余剰電力を内部のバッテリーに蓄積するだけではなく、各地に設置されたEV充電設備や家庭用の電気コンセントなどから、充電を行う事も可能です。PHVは大容量のバッテリーを搭載していることが多く、短い距離であればガソリンを利用せずに電気の動力のみで、数キロから数十キロ走行することも可能です。

燃費の面で優位性のある、ハイブリッド車は各メーカーから、発売されておりハイブリッド車を選択する人も増加しています。

ガソリン車に比べて車体が高価

一般的に考えて、ガソリン車よりもハイブリッド車の方が車体が高い傾向にあるので、購入時に予算を抑えたいという場合は注意しましょう。反対に、初期費用が多少高くても、たくさん乗る機会があるという人は、ハイブリッド車の方に魅力を感じることが多いかもしれませんね。ハイブリッド車のメリットと言えるおすすめポイントは、次の項目で紹介するのでチェックしてみてください。

税金・燃費性能・環境性能などさまざまな点でガソリン車より優れている

ハイブリッド車はガソリン車よりも燃費効率がいい、というイメージが強いかもしれませんが、ハイブリッド車の魅力は燃費がいいだけではないですよ。

詳しくは、後でメリットとして紹介しますが、ハイブリッド車には以下のような魅力が詰まっています。

  • 燃費が良くガソリン代が安くなる
  • CO2の排出量が減らせる
  • エコカー減税対象でお得

車両代金は高いですが上記のような魅力が多い車を選びたい人は、ハイブリッド車の選択を検討してみると良いですね。

ガソリン車のメリット・デメリット

ガソリン車のメリットデメリット

ここからは、ガソリン車とハイブリッド車のメリットとデメリットを紹介します。どちらのメリットをより魅力に感じるのか、どちらのデメリットをより欠点に感じるのかを確認してみましょう。

メリット

まず、ガソリン車のメリットとなる点は、以下のものが挙げられます。

  • 他のタイプに比べて車両価格が安い
  • ハイブリッド車より選べる車種の選択肢が多い
  • ハイブリッド車よりも修理費用が安価である。

なんと言っても、ガソリン車の最大のメリットはハイブリッド車や電気自動車に比べて、車両価格が安いことがあります。また、特に中古車などで購入する場合、ほしい車種によってはハイブリッドタイプがないという可能性も。とはいえ、最近の車はガソリン車とハイブリッド車どちらも選べるものが増えてきています。

デメリット

対して、ガソリン車の悪い部分は以下のような点が考えられます。
※主にはハイブリット車に対してのデメリットとなります。

  • ハイブリッド車と比較して燃費が悪い(ガソリン代がかかる)
  • エコカー減税などの優遇が受けられない
  • ハイブリッド車よりもCO2排出量が多い(環境負担が大きい)

ハイブリッド車に比べると燃費が悪くガソリン代がかかり、CO2排出量が多いため、減税の対象外であることなどがデメリットとなります。また、エコカーに乗るという意識も高まっており、燃費と環境意識を背景にハイブリッド車の方が販売を伸ばしている傾向があります。

ハイブリッド車のメリット・デメリット

ハイブリッド車のメリットデメリット

続いては、ハイブリッド車の魅力や欠点をそれぞれ詳しく紹介していきます。一般社団法人日本自動車販売協会連合会のデータでは、2021年にハイブリッド車がガソリン車の販売台数を抜きました。そのことからもハイブリッド車のメリットをより魅力に感じて選ぶ人が増えています。

メリット

まず、ハイブリッド車の魅力的な部分は、下記のような点が挙げられます。

  • ガソリン車と電気自動車のいいところを持っている
  • ガソリン車よりも燃費が良くランニングコストが抑えられる
  • 税制優遇が受けられる
  • CO2排出量を抑えたエコな車に乗れる
  • 電力走行時は静粛性が高い

ハイブリッド車は、ガソリン車と同じくガソリンを入れるので、燃料の補給が容易に行えます。それと同時に、補助的に電気も使用するため、ガソリン代を抑えられるのが大きな魅力の1つです。

現在普及途上である電気自動車(EV)は、完全に電力のみで動くために、長距離走行の際には必ずどこかで充電しなければなりませんが、まだまだ充電できる場所が少なく、充電にも数十分から数時間の充電時間がかかります。ハイブリッド車はガソリンで走行することで充電するため、充電の必要がありません、日常の使い勝手の面ではガソリン車と全く変わらない事も大きなメリットです。

デメリット

反対に、ガソリン車のデメリットは以下の点が挙げられます。

  • ガソリン車に比べると車両が高い
  • バッテリーなどの故障の修理代が高い

ハイブリッド車は、ガソリン車と電気自動車の間に位置付けられるので、それぞれの良い特徴を持っています。反面、それぞれの欠点も含んでいるとも言えるのでしっかり知っておきましょう。ハイブリッド車は通常のガソリン車にはない、蓄電用の大型バッテリーを搭載していますので、その分ガソリン車よりも価格が高くなります。車種によりますが車両価格で、数十万円程度高額になります。燃費のみを重視して考える場合は、初期費用として高く支払った費用はどのぐらいで回収できるのかを事前にシミュレーションしてみる必要がありますね。

また、通常のガソリン車にあるエンジンなどの部品と、ガソリン車にはない動力バッテリーや動力モーターなどのハイブリッドカー特有の部品を搭載しているため、故障のリスクはガソリン車よりも高くなります。特に動力バッテリーは非常に効果なので、故障や事故で破損してしまった場合などの修理代は、ガソリン車よりも高額になるケースが多いです、

どっちがお得かどうかは走行距離によって異なる

走行距離

ここまで、ガソリン車とハイブリッド車について、さまざまな観点で解説してきましたが、「お得になる」という観点で2つを比較すると、それは乗る人の乗り方によって異なるというのが答えになります。

ハイブリッド車はさまざまな面で維持費がリーズナブルになるとはいえ、車両価格が高いので、あまり車に乗らない人が選んでしまうと損をする可能性も高いです。目安としては、年間走行距離が8,000〜10,000km以上になるなら、ハイブリッド車を選択肢に入れるのもいいでしょう。

ガソリン車をおすすめしたい人

おすすめの人

最後に、2つのタイプそれぞれのおすすめの人を解説します。

自分がどちらを選べばいいか決めかねている人は、ぜひ参考にしてみてください。

年間走行距離が少なめな人

車を買っても、それほど頻繁に乗る機会がないという場合は、ガソリン車を購入する方がトータルコストで考えてお得になるでしょう。本体価格は、数十万円から100万円ほどの差があることもあります。それほど車に乗らない人が、この差を維持費の安さで埋めるのは難しいでしょう。

購入時の価格を抑えたい人

維持費が安かったりエコだったりすることは魅力でも、何よりも購入時の本体価格を抑えたいという人は、ガソリン車の方が向いています。先ほどの項目でも書いた通り、車種によっては100万円ほどの価格差が出ることもあるので、少しでもリーズナブルに車を買いたいならガソリン車を選んでくださいね。

ハイブリッド車をおすすめしたい人

続いては、ハイブリッド車の方をおすすめしたい人について紹介します。昨今人気が高まるハイブリッド車なので、魅力に感じている人も多いのではないでしょうか?

年間走行距離が多く、ガソリン代を抑えたい人

普段から頻繁に車に乗る、年間走行距離が1万キロ以上という人はガソリン代を抑えるためにもハイブリッド車を選ぶのがおすすめです。初期費用は高くても、ガソリン代が安くなりますし、減税対象にもなります。ほとんどの車種で、ガソリン車とハイブリッド車が用意されているようになってきたので、選びやすくなっているのもポイントです。

環境に配慮した車に乗りたい人

ハイブリッド車は、ガソリン代が安くつくだけでなく、CO2排出量を抑えて環境に配慮した運転をすることができます。

地球のために環境に配慮しながら車に乗りたい、という人はハイブリッド車を選択することで、気持ちよく車に乗れるでしょう。全くガソリンを使わない電気自動車という選択肢もありますが、そうなると車両がさらに高かったり、充電スポットが限られていたり不便もあります。その点、ハイブリッド車は、バランスの取れたタイプだと言えますね。

まとめ

こちらの記事では、ガソリン車とハイブリッド車の特徴や魅力的な部分、欠点などを幅広く紹介し、それぞれのおすすめな人を解説しました。

車の乗り方は人によって違うので、自分に適したタイプの車を選ぶのが満足度の高さにつながりますよ。

これから購入する車を選ぼうと思っている人は、ぜひガソリン車とハイブリッド車のどちらが合うのか考える参考にしてみてくださいね。

ハイブリッド車はガソリン車と比べると車両価格が高く設定されていますが、中古車であれば、同一車種でもガソリン車、ハイブリッド車の価格差は新車ほどは開いていないので、お得にハイブリッド車を入手したい方は中古車を検討するのも良いかもしれません。

  • URLをコピーしました!
目次