【車の購入方法】現金・自動車ローン・新車のサブスク?それぞれのメリット・デメリットを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
選べる車の買い方

「現金一括で購入する方が得になるかな?」「購入したいけれど、手元にお金が無い!」など、車を購入する段階で、どのような買い方をするかは悩むポイントの1つではないでしょうか。

高い買い物なので、後悔の無い選択をしたいですよね!

そこで代表的な車の購入方法を3種類紹介し、それぞれの特徴やメリット・デメリット、注意点などをご説明します。

どのような支払方で車を購入しようか悩んでいる、という方は参考にしてみてください。

目次

車を購入する方法は主に3種類ある

車の買い方

さて、皆さんが車を購入する場合、現在は主に以下の3種類の購入方法があります。

・現金支払い
・自働車ローンで購入
・新車のサブスク

それぞれの内容を、詳しくご紹介していきます。

現金支払い

1つ目は、全額を現金で支払う方法です。車は高い買い物ですが、購入するために前もって貯金をしておいて、ローンを組んだりせずに購入します。

現金支払いはその場で一気に支払いをするため、後々毎月の支払いをしたり、金利分が上乗せになったりしません。

ローンを組むのが嫌いだという人は、ほしい車が購入できるだけの現金を貯金して一括で買うとよいでしょう。

自働車ローン契約(カーローン)

自働車ローンは、高額な車を分割払いで購入することができるシステムです。現金が貯まっていなくても、ほしい車をほしいタイミングで購入できるので、利用する人は多いのではないでしょうか?

また、自動車ローンを利用することで、自動車販売店やディーラーにも手数料が入る仕組みになっている場合もあり、車両価格についての値引きが受けられるケースもあります。

借入なので、金利を支払う必要はありますが、値引きが受けられるとするとメリットもありますね。

値引きなどを考慮するとトータルコストは現金とそれほど変わらないケースもありますし、自動車ローンは比較的低金利なので利用されるかも多い支払方法です。

新車のサブスク

昨今利用者が急増しているサービスが、新車のサブスクです。新車のサブスクは、車を購入するわけではなく、月額料金を支払って好きな車を自分の車のように乗ることが出来るサービスです。

月額料金を毎月支払うことになりますが、月額料金の中には、税金や保険などの自動車を購入した場合に必要となる維持費が含まれているので、サブスク費用以外の支払いが無く、シンプルに好きな車に乗れるメリットがあります。

その手軽さから利用者が急増しておりテレビCMでも「新車のサブスク」というキーワードは良く耳にするようになりました。新しい仕組みで分かりにくい面もあるため、メリットやデメリットと新車のサブスクがおすすめな人を後ほど紹介しますね。

現金支払いのメリット

現金払い

まずは、現金払いをするメリットについて、3点紹介します。

・一番安く車を購入できる
・車の所有権がある(いつでも売れる)
・維持費以外に継続した支払がない

1つずつ、チェックしましょう。

一番安く車を購入できる

現金で購入すると、自動車ローンなどに発生する手数料や金利を支払う必要がないのが大きなメリットです。

そのため基本的には現金で購入する方法が一番安く車を購入する方法です。自動車ローンを利用して車を購入すると毎月一定額の支払いが発生し、その中には利息が含まれてます。

利息を支払う事で損をしていると感じる人は現金で支払う事がベストです。

車の所有権がある(いつでも売れる)

現金で購入すれば、購入後に所有者が自分になるのも魅力です。というのも、自動車ローンで購入した車の多くは、ローンを完済するまではディーラーやローン会社の持ち物という位置付けになることが多いからです。

自動車ローンで購入した車も売却することは可能ですが、売却して入ったお金で残りのローンを返済しなければなりませんし、場合によっては売却金額では足りずに、追加で資金を出してローンを返済しなければならないこともありますが、現金での購入ならそのような心配もありません。

所有権が購入者のものであれば、いつでも好きなタイミングで車を売ることができ、売却で得たお金はすべて所有者のものになります。

維持費以外では月々の支払がない

現金一括払いをすれば、当然ですが、その後車両の費用を支払う必要がありません、自動車ローンや新車のサブスクは初回の支払いについて、大きな負担がありませんが、毎月継続して支払いを行う必要があります。

自動車保険料や税金・メンテナンス費用などの維持費を除けば、購入後に継続的にお金を支払う必要がないので、毎月一定の支払いをしたくないという人にとっては、現金一括購入はメリットですね。

現金支払いのデメリット

ここまでは、現金支払いのメリットについて、たっぷり3つ紹介しましたが、続いてデメリットになる部分も2つ紹介します。

・手持ちの現金が一気に減る
・支払える現金の範囲内で車を選ぶ必要がある

ただし、デメリットだと感じるかどうかは人によるので、自分にとって大きなデメリットかどうかをきちんと見極めてくださいね。

手持ちの現金が一気に減る

一括で購入するということは、車の代金が一気に手元から減るので、手持ち資金ギリギリまで使わないと支払えない場合などは特に注意が必要です。

ローンを組んで毎月一定額が減っていくよりも、資金計画が難しくなりがちなので、人によってはデメリットに感じることもあるでしょう。

手持ちの現金が一気に出ていくのが不安、という人は現金支払い以外の方法を検討するのも良いかもしれません。。

現金の範囲内で車を買う必要がある

現金一括で購入するということは、当然ですが自分が所持している現金の範囲内で車を選ぶ必要があります。ローンを組めば、未来の収入を含めて車種選択することができますが、現金一括ではそういうわけにはいきません。

例えば、ほしいグレードの車あるけれど手持ちの現金では足りない!という場合現金一括で購入にこだわると、グレードを下げるか、その車は諦めることになります。どうしてもほしい車があるけれど現金が足りない!という場合は、現金一括では購入できないので注意しましょう。

自働車ローンのメリット

カーローン

続いては、自動車ローンのメリットとデメリットを紹介します。

・一気に現金が減らない
・貯金がなくても購入できる
・ローンを組むと値引きしてもらえることも

1つずつ詳しく解説するので、確認してみてください。

一気に現金が減らず計画が立てやすい

自働車ローンで購入すれば、手元の現金を一気に減らすことなく、毎月一定額で支払うことになるので、資金計画が立てやすいメリットがあります。

たとえば、300万円の車を購入する場合、100万円だけ頭金を入れて、残りの200万円のローンを組むとします。こちらは金利にもよりますが、月に3万円ずつローン支払いに充てれば、6年程度でローンを完済できる計画です。

一気に300万円減ると、万が一お金が必要になったときに困りますが、ローンで先々まで計画しておけば、心配が少ないでしょう。

貯金が貯まっていなくても購入できる

自働車ローンで車を買う2つ目のメリットは、ほしい車を買えるだけの貯金が溜まっていなくても、ローンを組んで手に入れることができることです。

どうしてもほしい車があって、これから貯金を頑張っても5年ぐらいは購入できない…という場合、ローンを組めば手に入れることができます。

また、これまで車を持っていなかったけれど、引越しなどで急遽必要になった場合なども、急にお金が用意できなくても車が購入可能です。

手持ちの現金内で選ぶと限られてしまう車種の選択肢が、広げられるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

自働車ローンを組むことで値引きしてもらえることも

ディーラーなどでは、購入の際にローンを組んでくれたら値引きに応じてくれることも多いです。

逆に現金購入の場合は値引きをしてもらえないこともあり、場合によってはローンを組んでもそれほどトータルコストが変わらない場合もあります。

ローンを組むことで心配なのは、借入の金利で高くなることだと思いますが、自動車ローンの金利はあまり高くないため、仮に現金で購入できる場合でも、自動車ローンでのトータル支払額と値引き額を確認してどちらが良いか比較してみるのも良いと思います。

大切なのは、購入前にトータルコストを比較検討することだと言えますね。

カーローンのデメリット

カーローンで考えられるメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットになるかもしれない部分もあります。

・金利で支払総額が価格が高くなることも
・自動車ローンが通らないこともある
・ローン支払い中は所有者が自分じゃないことが多い

詳しく確認しましょう。

金利分で価格が高くなる可能性がある

メリットで、金利もあまり高くないので、現金購入とそれほど変わらないケースもとお伝えしましたが、自動車ローンの金利は、ローン商品や、購入者の方の収入などの属性によって異なります。

そのため金利の高い商品しか選択できないケースもありますので、ローンで購入する場合は、継続して支払い可能かどうかをしっかり検討する必要もあります。

分割して計画して払うことができる分、本体価格にプラスして利息も支払わなくてはいけないので、特に高金利のローンを組んでしまうと利息をたくさん払うことに嫌気がさしてしまうことも。

トータルでどの程度の金額差があるのか、きちんとシミュレーションをしてから購入しましょう。

自動車ローンが通らないこともある

自動車ローンも借入になるため、年収や仕事の勤続年数、他からの借入の状態などによって自動車ローンの審査が通らないケースもあります。

そのため自分の年収ならどのぐらいのローンが組めるのかなどを事前に把握する必要があります。欲しい車がきまっても、価格によってはローンが通らないという事もあります。

自分が車の所有者になれない場合が多い

車を現金で購入したら、所有者はその時点で自分になりますが、ローンを組んだら返済が終わるまではディーラーやローン会社が所有者となります。

普通に乗る分にはそれほど問題はありませんが、もし売却することになったら、所有者を自分にするために、一括でローンを返済しなくてはいけません。

自働車ローンは、購入した車を担保にしてお金を借りているということなので、ローンが終了するまでの間は所有者がディーラーなどになっています。どうしても、初めから自分を所有者にしたい人は、現金一括で支払うようにしましょう。

新車のサブスクのメリット

新車のサブスク

最後は、新車のサブスクのメリットとデメリットです。現金やローンと違って、こちらは最後まで基本的には車を自分のものにしない方法になります。

その点でメリットとデメリットになる部分があるので、順に確認しましょう。

・初期費用が必要ないことが多い
・手続きが簡単
・自分の好きな車が選べる

サブスクとは、「サブスクリプション」の略です、月額課金制の定額サービス、動画配信サービスのNETFLIXなどが有名ですね、最近では物を購入して所有するのではなく、必要な時に必要なだけ借りる形で利用するという選択肢も支持されています。

初期費用なしで車を使える

車を購入するとなると、本体価格や手数料など、かかる料金すべてを準備する必要があります。

しかし、新車のサブスクを使えば、初期費用は基本的に0円で新車をマイカーのように乗り始められますよ。もし、車を買うためにまとまったお金が用意できそうにない、という場合でも、月額料金さえ工面できれば、憧れの車に乗れる可能性が高まります。

購入するよりも手続きが簡単

現金にしろローンにしろ、車を購入したり売却したりする際は、さまざまな手続きが必要になり、案外それが煩雑です。

対して、新車のサブスクは、手続きが非常に楽なのが魅力の1つといえます。サービスによっては、店舗などに足を運ぶことなく、ネット上で車選びをして、郵送で書類を受け取り返送するなど、手続きが自宅で全て完結するものもあります。

もちろんディーラーで実際の車を確認して試乗して、気に入った車を契約するという事も可能です。

自分の好きな車を選んで乗れる

こちらは購入するときも同様ですが、新車のサブスクでも、車種の制限なく自由に車を選べるのが魅力です。

当然商品によるのですが、基本的に自分の好みの車種やグレードを取り扱っている会社を探せば、好きな車を選ぶことができますよ。

楽に手続きできる代わりに、好きな車が選べないとなると残念ですが、さらに好きな車を選べるなら嬉しいですよね。

新車のサブスクのデメリット

続いては、新車のサブスクのデメリットとなるかもしれない部分を紹介します。

・基本的に中途解約ができない。
・所有権がないため、制限がかかることも
・利用開始には審査がある。

1つずつご紹介していきます。

利用に制限がかかる場合がある

新車のサブスクは自分で車を購入するのではなく、車を借りている形になるため、利用に制限がかかるケースがあります。

具体的には走行距離の制限などです、年間10,000kmまでなどのように、事前にプランによって最大の走行距離が定められていて、月額費用が決定します。

仮にオーバーした場合は、追加で1kmあたり5-10円の支払いが求められるので、事前にどの程度走行する予定なのかを見極めて契約する必要があります。

ほかにも、車を改造したりカスタマイズすることができない場合もあるので、パーツを付け替えるなど自分の好みにいじりたいという人は諦める必要があります。

新車のサブスクについては、各社が競ってサービスの開発を行っているので、走行距離に制限がない商品などもでてきているので、自分に合ったサービスを選ぶことでで解消できるデメリットでもあります。

契約期間の中途解約は難しい場合が多い

また、新車のサブスクは期間を定めて契約するため、原則として中途解約するのは難しいことが多いです。

利用期間に合わせて月額料金が設定されるため、利用期間が短い場合は月額費用が高く、長期の利用期間の場合は、月額費用が安くなるように設計されています。

長期契約の場合は、途中で解約することになった場合、解約金が必要になるため、契約時に解約金も含めてしっかり確認しておきましょう。

ファミリーカーとして利用の場合は、家族構成や生活スタイルの変化が多いため、思わぬタイミングで乗り換えの必要が出てくるケースも想定されるので、長期的な目線でしっかり検討しておきましょう。

利用開始には審査がある。

月額費用で借りるといっても、契約期間が定められている為、契約期間中問題なく費用の支払いが可能かどうかの審査が行われます。審査に通らないと新車のサブスクは契約することができない点には注意が必要です。

現金支払いがおすすめな人

車の買い方のおすすめ

現金での支払いがおすすめな人は、以下のタイプの人です。

現金払いがおすすめな人

  • ほしい車を買うだけの貯金を持っている人
  • 金利を支払ったり月額料金を支払ったりしたくない人
  • 好きなタイミングで車の乗り換えをしたい人

現金で買うためには、しっかりと手持ちの金額を持っている人に限られます。持っている現金の中でやりくりしながら、ほしい車を選べる人は現金で買うといいでしょう。

また、ローンを組むと金利がかかったり毎月定額の返済をしたりする必要があります。新車のサブスクでも、月額料金が発生するので、これらを支払いたくない人は、現金で一括購入するのがおすすめです。

購入と同時に車の所有権を有する形になるので、好きなタイミングで、車を売ることが出来ます。

カーローンがおすすめな人

続いて、カーローンを組んで購入するのがおすすめなのは、以下のような人です。

カーローンがおすすめな人

  • 所持金以上の価格の車が欲しい人
  • 手持ち金を一気に減らしたくない人

カーローンを組めば、自分のほしい車に貯金が届いていなくても、すぐに手に入れることができます。

どうしても今ほしい車があるという人は、ローンを利用するといいでしょう。また、貯金があっても一気に使うのが心配だという人や、ディーラーでおすすめのローンを使って値下げ交渉をしたいという人も、ローンを検討するのがおすすめです

新車のサブスクがおすすめな人

最後に、新車のサブスクがおすすめな人は、以下のような人です。

新車のサブスクがおすすめな人

  • 頭金など初期費用なしで車に乗りたい人
  • 手軽な手続きで車を所持したい人
  • 決められた期間で新しい車に乗り換えたい人

新車のサブスクは、月額費用で車を借りるという考え方で、マイカーに近い状態で車を利用できる魅力があります。反面、カスタマイズ不可や走行距離制限などが決められている場合もあるので、制限されずに思い切り使用したいという人には向いていないことも多いです。

契約期間が定められているので、数年単位で新しい車に乗り換えをしたい人にとっては、新車のサブスクを活用することで、大きな出費をせずに、新しい車に乗り換える事も可能です。

カスタマイズして好みの車にしたいというこだわりなく、とにかく楽に車に乗りたいという人にはおすすめのサービスと言えるでしょう。

まとめ

こちらの記事では、車の買い方について、3つの買い方の特徴やそれぞれのメリットとデメリット、おすすめの人のタイプなどをご説明しました。

同じ車を購入するとしても、どの買い方をするかによって、料金や手続き方法が変わります。

人それぞれ、どのタイプが向いているかは大きな差があるので、自分にはどの支払い方が合っているのかをこの記事を参考にご確認ください。

関連記事はこちら

  • URLをコピーしました!
目次