ノートの維持費について徹底解説!月間、年間で必要な出費がわかる!

当ページのリンクには広告が含まれています。

本記事では、ノートの維持費について徹底解説しています。

実際のノートの月間/年間の維持費については以下のような金額となります。

走行距離は月間1,000kmとし、ガソリン代は1リットルあたり170円。
保険等級6等級、車両保険有での契約で計算しています。

新車のノートの平均的な価格帯である273万円の車両での計算です。

スクロールできます
ノート
月間維持費
(月間1,000km走行)
年間維持費
(年間12,000km走行)
車両のローンが無い場合
車両の購入費用は除く)
月額28,799円~年額359,915円~
ローンを含む場合
(約273万円/7年ローン)
月額64,871円~年額792,782円~
※保険等級6等級、車両保険有
※ローンはフルローン、金利は3%での試算

いかがでしょうか?
高いと感じましたか、それとも安いと感じましたか?

各種税金や保険料、車検費用など一括または数年ごとに支払う費用は、実際には毎月払うわけではありません

それらの費用を毎月に分割して計算してみると、ノートの「実質的な月々の維持費」が見えてきます。

この記事では、ノートの維持費は具体的にどんな費用がどれくらいかかるのか、項目を分けて詳しくお話しします。

維持費といっても、車の乗り方や走行距離は人それぞれ、場合によっては払う必要のない費用もあったり、もっと節約できるポイントもあったりします。

この記事で紹介する情報を基に、あなたに本当に必要な維持費をイメージしてみてくださいね。

また、今回はノートの維持費を下げるためのポイントやお得に乗るための方法などもお伝えします。
ノートの購入を考えているけど、「実際の維持費ってどのくらいかかるんだろう?」と気になっている方は、ぜひ一度目を通してみてください。

具体的な維持費がわかると、安心ですね。

それぞれの項目について詳細を確認してみましょう!
維持費を抑えるポイントも見えてきますよ

目次

ノートの維持費について

ノート | 日産公式サイト

ノートの特徴について簡単に紹介しておきましょう。

日産から販売されているノートは、マーチを受け継いだコンパクトカーとして2005年に登場した人気の車種です。

これまでのコンパクトカーというものは、小回りに重点を置いた設計になっていましたが、ノートでは操作性をも備えた自動車として登場しました。

日産からは、現在までに様々なコンパクトカーが登場してきましたが、2024年現在はノートを残すのみとなっています。

2020年にはフルモデルチェンジがこなわれ、国内販売車としてe-POWER(ハイブリッド)専用車種となりました。

日産の技術が詰め込まれた現行モデルのノートには、機能の効率化に加えて、快適性を意識したデザインが採用されています。

ノート | 日産公式サイト

e-POWERを採用したことで燃費が改善されているだけでなく、静粛性などが高まりより快適に運転できるような仕上がりになっています。

また、プラットフォーム(車体)が刷新されたことにより、ボディの剛性も高く、高強度に仕上げられているのもポイントです。

e-POWER採用のノートは静粛性が改善されており、他のコンパクトカーよりも高い静粛性が人気のポイントにもなっています。

ここからは本題です。
日産ノート所有にかかる具体的な維持費について詳しく解説していきます。

維持費と一言で言っても、何を維持費ととらえるかが重要です。

車の維持費について

車の維持費は、「車(車両)の費用」「自動車税や保険料・駐車場代」「ガソリンやタイヤ・修理代」などの大きく3つのカテゴリに分けられます。

まずは、その中でも金額が大きいノート(車両)の購入に関連する費用に焦点を当ててみましょう。

①ノートの購入に関する費用(車の購入費用)

車を購入する際の費用は、大きな出費となります。
一括払いを選択する人もいれば、分割払いを選ぶ人もいます。

一括払いの場合は、初期の支出が大きくなりますが、先に車の費用を支払っているため、後々の維持費という点では、費用が掛からないメリットがあります。

しかし、一括払いは、多額の一時支払いの為の現金が必要となるため、多くの方がローンを利用して車を購入しています。

ローンでの分割払いは、車両の価格を長期間にわたって数十回に分割して支払うため、一時的に大きな金額を用意する必要がありません。

ローンの支払は毎月行う必要があるため、その支払い費用についても維持費として認識することが必要です。

ノートの車両価格(2024年)

ノートの車両価格は、グレードやオプションによって異なりますが、2024年2月現在の価格は以下のようになっています。

スクロールできます
ノート
税込み価格
ハイブリッド車229万円~269万円
日産 ノート
※特別仕様車など上記の価格以外の車両も販売されています。

ノートはグレードが少ないから価格差も少ないですね。

ノートのコンセプトがシンプルなので、グレードも少ないので、迷わず選べそうですね。

ノートは、e-POWERを採用したハイブリッド車のみのラインナップとなっています。

グレード設定も少ないのですが、特別仕様車なども提供されています。

最も安いXグレードで約230万円からと比較的手を出しやすい価格となっているのも特徴です。

同じXグレードから、日産自動車創立90周年を記念した、90周年記念車も登場していますが、インテリア・エクステリア共に装備されていて、通常のXグレードにわずか10万円の増額で高級感を感じられるお得な特別仕様車も販売されています。

こちらは、通常のグレードと異なりいつ生産終了となるか分かりません。

低燃費でコンパクトな点や、乗り心地、価格のバランスが良い車がノートといえるでしょう。

ノート | 日産公式サイト

グレードやオプションによって車両価格は違ってきますが、上記の金額が車両購入の為の金額の出発点になります。

実際に車を購入するには、車両価格だけでなく、登録費用や税金といった諸費用も忘れずに計算に入れましょう。

総購入費用は、車両価格に大体10%をプラスした金額として見積もると、予算立てがスムーズです。

車を買う方法としては、一括払いまたはローンを利用した支払になります。

一括払いはその名の通り、すべての費用を現金で一括で支払う方法ですが、一括ではなくても一部現金を支払って残りの金額をローンにするという方法可能です。

ローンを組むことによってローンの金利を支払う必要がでてくるため、費用を少しでも抑えたい場合は、ローンの金額が小さくなるように、一括払いまたは、一定の金額を現金で支払って購入する方法を選択しましょう。

では、実際にローンについての詳細と、金利はどのぐらい支払う必要があるか、確認してみましょう。

一括払いだと、後々は楽そうだけど、実際のところ一度に全額を支払うのは難しそう。

高い買い物なので、ローンで購入される方が大半です。

ローンの選び方によって、維持費への影響が大きいのでしっかり確認しましょう!

自動車ローンについて

自動車ローンには大きく分けて「銀行系」と「ディーラー系」があり、以下のような特徴があるといわれています。
(※以下の特徴に該当しない場合もあります。)

スクロールできます
ノート
銀行系
自動車ローン
ディーラー系
自動車ローン
審査厳しめ緩め
返済期間長め短め
金利低め高め

自動車ローンは、借入になりますので申込者の信用力(収入や勤務状況など)や資産状況によって審査が行われ、ローンを受けられるかどうかが決まります。

銀行系は審査が厳しいかわりに金利が低め、返済期間が長いことが特徴です。

一方、ディーラー系は審査が比較的通りやすいと言われていますが、金利が高めで返済期間が短い傾向にあります。

ただし、ディーラー系は販売店と密接な関係なため、キャンペーンを頻繁に行っており、時には銀行系よりも有利な条件が得られることもあります。

車の購入店や金融機関にしっかり相談をしてみることをおすすめします。

以下では、金利の違いによってどの程度支払額が変わってくるのかを比較した表を掲載しています。
ローン利用の際の参考にしてみてください。

新車のノートを購入した場合

新車のノートを購入した場合のローン金額の詳細を確認してみましょう。

ノートの価格帯を平均的な価格である、273万円と設定し、金利3%と金利7%返済期間は7年(84ヶ月)で支払った場合の利息合計、総返済額、月々の返済額を比較しています。

スクロールできます
ノート

ローン金利3%
(7年 84回払い)

ローン金利7%
(7年 84回払い)
車両価格2,490,000円2,490,000円
諸費用(車両価格の10%)249,000円249,000円
ローン対象金額合計
(1万円未満切り捨て)
2,730,000円2,730,000
月々の支払額36,072円41,203円
総返済総額3,030,0743,461,053円
金利支払分300,074円731,053円
※ローン金利については、計算方法によって増減します。

金利の差によって毎月の支払額が、5,000円以上変わってきます。

支払総額でも約40万円程度の差がつくので、金利の安い自動車ローンを選ぶことが維持費を抑えるポイントになりますね。

上記の表では、ほぼ全額をローンで支払っているシミュレーションになるため、手持ちの現金があれば一部を現金で支払う事で、ローン対象金額を減らして、月々の支払額と、金利支払い分を小さくすることも可能です。

ボーナスのタイミングで月々の支払いを多めに支払うボーナス払いも、支払い総額を減らすことには有効です。

一括払いは難しそうだけど、少し頭金を入れることで、ローンの金額を抑えられそう。

ローンの残りが少なくなったタイミングで残りを一括で支払うこともできますよ。

(2)ノートを所有していることで必要な費用

ノートを購入後にたとえ全く乗らなくても、税金や自賠責保険などを所有者は支払う必要があります。

また、車を駐車しておくための駐車場についても、車の利用頻度にかかわらず、確保しておく必要があります。

それぞれの費用について確認しておきましょう。

自動車税と重量税の金額

自動車を所有することでかかる税金は、「自動車税」「自動車重量税」の2種類があります。

ノートを所有することで必要となるそれぞれの税金の詳細金額を確認してみましょう。

スクロールできます
ノート
月々の費用年間費用
自動車税2,541円30,500円/年※1
自動車重量税1,02512,300円/年※2
※1 2019年9月30日以前に登録されたノートの自動車税は年間34,500円です。
※2 ノートのタイプグレードによって異なる場合があります、エコカー減税は反映していません。

「自動車税」は毎年納付が必要となりますが、「自動車重量税」は車検の際に2年分まとめて支払うのが一般的となっています。

自動車重量税についてはエコカー減税等によって免除されたり、大幅に割引されたりすることもあります。

また、車両登録から経過年数によって増額となることもあります。

ノートの自動車税

自動車税の金額は、排気量ごとに決められておりノートの自動車税は、1,000~1,500ccの区分に属し、ノートの自動車税の金額は30,500円/年間となります。

ノートの自動車重量税

自動車にかかる税金のもうひとつである重量税は、名称通り車両重量によって決定されています。

ノートの重量は、グレードで異なります。

「自動車重量税」は車検の際に2年分まとめて支払うのが一般的となっているため、2年分の金額となります。

ノートの主なハイブリッド車は1,001~1,500kgの間に入るので、24,600円/2年となります。

自動車重量税の金額表
スクロールできます
重量(kg)税額(2年間)
軽自動車6,600円
500kg以下8,200円
501〜1,00016,400円
1,001〜1,50024,600円
1,501〜2,00032,800円
2,001〜2,50041,000円
2,501〜3,00049,200円
※2年自家用の場合、エコカー減税の適用がない場合

実際には上記の金額からエコカー減税が適用され、実際の支払い額はもう少し安くなることが期待できます。

ノートの自賠責保険料と任意保険料

税金の他に、車の所有者には自賠責保険に加入が義務図けられています。

これは法律で定められた必須の保険で、車を持っていれば誰でも加入しなければなりません。

自賠責保険は、車検の際に更新するのが一般的となっており、車検の有効期間と同一の24ヵ月での更新が一般的となります。

24ヵ月の保険料は、17,650円となっており、そちらの金額を月々で割ると、約736円になります。

2024年4月に保険料が改定されたため、それ以前の保険料は20,010円となっており、改定で少しだけ値下となりました。

スクロールできます
ノート
月々の費用年間費用
(2年払いの場合)
自賠責保険735円/月8,825円/年※
※2年払いの保険料17,650円を基に算出しています。

自賠責保険はあくまで相手方の人身事故に対する最低限の補償を行うための保険です。

そのため、自分の車や自分自身、さらには物損に対する保障は含まれていません。

また、自賠責保険では相手方に対しての補償が十分ではないケースも想定されるため、任意保険への加入が必要となります。

名前は「任意」ですが、実際は車を安全に運転する上でとても重要なものとなり、こちらも必要不可欠な保険と言えます。

保険会社によって様々なプランがあるので、自分の年齢や車の使い方に合わせて、最適な保険を選ぶことが大切です。

全く乗らなくても、ノートを買うとこれだけ維持費が掛かっちゃうのかぁ~。

そうですね。
車を所有することで必ず必要になるので、利用頻度に合わせて、車の必要性を再確認しても良いかもしれませんね。

ノートの任意保険料について

任意保険の保険料は等級によって大きく変動します。
この等級システムは、保険料の割増や割引率を決定する重要な指標です。

具体的には、契約者の過去の事故歴に基づき、リスクが1~20等級に分類されます。

等級が高いほど、保険料は割引されて安くなります。

自動車保険に初めて加入する際は、6等級からスタートし、一般的には保険期間が1年です。

この期間内に事故がなければ、毎年1等級ずつ上昇し、それに伴い保険料の割引率も上がります。

この等級は個人に紐づいており、たとえ保険会社を変更してもその等級は引き継がれます。

事故を起こし保険を使用すると、次の年の等級は一回の事故につき3等級下がるため、割引率が低下し保険料が上昇します。

初めて車を所有し保険に加入する場合の、6等級の任意保険料を参考に、以下の表に概算金額をまとめています。

実際には保険会社やオプションなどの金額によって金額は異なりますが参考としてご確認ください。

スクロールできます
ノート
月々の概算費用年間概算費用
6等級
車両保険なし
約5,000円/月約60,000円/年間
6等級
車両保険有
約11,658円/月約139,900円/年間
※契約年齢や車両型式など、その他条件によって金額は変動します。

車両保険は、事故によって自分の車が破損した場合の修理費用もカバーする保険です。

任意保険に加入していても、もし車両保険に加入していない場合、事故で相手方に生じた人的、物的損害は補償されますが、自分の車に対する損害は補償の対象外となります。

車を購入する際、多くの方は車両保険に加入することを選択しますが、車両価格が高いほど、車両保険の補償額とそれに伴う保険料は高くなってしまうため、車両保険を利用する際に、免責金額を支払う設定を行う事で、保険料を下げるオプションなどを提供している商品もあります。

車両保険料は、保険の等級にも影響を受けますので、こちらも等級が高い方が保険料が割安になります。

無事故で運転を続けることで、毎年等級が上昇し、任意保険の保険料は同一の補償内容でも等級に合わせて安くなります。

そのため、安全運転を心がけることは、長期的には保険料を節約する上でも重要となります

「任意」という名称だけど、必ず入る必要がありそうですね。

交通事故によって多額の賠償が必要になるケースもあるので、車を安心して乗るためには、「必須」の保険と考えておきましょう。

ノートの駐車場代

スクロールできます
ノート
月々の費用年間費用
月極駐車場代約5,000~12,000円/月約60,000~144,000円/月
※お住まいの地域によって価格差があります。

ご自宅などに駐車スペースが確保できる場合は必要ありませんが、駐車スペースがない場合は、月極駐車場などを確保する必要があります。

月極駐車場の価格は都市部に行くほど高額になり、都市部以外では安価な傾向があります。

都市部では、場所によっては月額数万円単位の費用が必要となりますが、数千円~1.2万円/月程度の駐車場を利用されているケースが多いようです。

そのため同じ都道府県内でもお住まいの地域によって、価格差がありますので、ご自身のお近くの駐車場の料金を確認してみましょう、少しの距離の違いで金額が大きく異なることもあります。

ただし、車庫証明書を取得するためには自宅から直線距離で2km以内が原則となるため、安価な月極駐車場があったとしても、直線距離で2km以内に位置しているかどうか確認する必要があります。

毎日は乗らないので、少し離れた安い月極駐車場を探してみてもよいかも。

利用頻度に応じて、予算に合った月極駐車場を探してみましょう!

ノートの車検費用

新車を購入した後、最初の車検は購入後3年目、その後は2年ごとに自動車検査登録制度(通称:車検)を受ける必要があります。

車検についても、税金などと同様で全く車を走らせなかったとしても、受ける必要があります。

車検では、車の各機能と排気ガス規定の遵守状況をチェックし、安全性と機能性を確認するほか、各種部品などが安全基準を満たしているかなどのチェックが行われます。

車検費用は、法定費用、車検基本費用、および必要に応じて発生する部品交換費用の合計で構成されます。

法定費用は、先ほどご説明をさせていただいた、自動車重量税と自賠責保険の費用となります。

車検基本費用はどこで車検を受けるかによって金額は上下しますが、1~3万円程度の基本料がかかると考えておきましょう。

その他、故障個所や消耗しているパーツ等があれば、交換するための費用が必要となります。

ノートの場合、大きな故障がなければ、法定費用を除いた費用としては、基本費用を含めて概算として3万円~7万円程度となります。

スクロールできます
ノート
月々の費用年間費用
車検費用
(法定費用を除く)
概算1,250~2,920円/月概算15,000~35,000円/年※
※法定費用(自動車重量税、自賠責保険費用は含みません)
※ 2年に一度の車検として計算

通常、ディーラーでの車検は、予防的な整備を重視しているため、費用が高くなる傾向があります。

車検費用を抑えたい場合は、車検専門店の利用も検討する価値があります。

ディーラーの車検よりも専門店の車検の方が安いの?

ケースバイケースですが、専門店の方が安いケースが多いですね。

【地域最低価格宣言】ニコニコ車検

(3)ノートを走らせることによって必要になる費用

ノート | 日産公式サイト

いままでご紹介した各種費用は、ノートを所有しておくだけで必要となる費用です。

ここからは、ノートを走らせることでかかってくる費用をご紹介します。

人それぞれで車の使い方は異なりますので、ここからの費用によって、維持費が大きく変動してくる費用になります。

ガソリン代(燃料代)

当然ですが、ノートを走らせるために必要となるものはガソリンです。

車はガソリンなしでは動きませんし、走行距離が多いほど消費するガソリンの量も増え、それに伴って費用も増加します。

ノートはハイブリッド車のみでカタログでの燃費は以下の通りです。

  • ノート (ハイブリッド車):33.8km/L(WLTCモード)

ハイブリッド化されているノートの燃費は非常に良いですね、維持費の面でも燃費の良い車種は非常に有利です。

走行距離に応じた月間・年間のガソリン代を算出し、以下の表に示しています。

ノートの燃料代(走行距離別・月間/年間)

スクロールできます
ノート ハイブリッド車

燃費33.8km/L
月々の費用年間費用
月間走行距離
1,000km
5,100円60,520円
月間走行距離
2,000km
10,200円120,870円
月間走行距離
3,000km
15,130円181,220円
※ガソリン170円/Lにて算出

平均では一般の方の年間走行距離は10,000~15,000km程度の走行ですが、通勤や通学で日常的に利用する場合などはさらに多くなることもあるでしょう。

車に乗る以上、燃料代は必ずかかります。

普段使いをしない方は、走行距離を抑えられ結果として燃料代が安くなりますよね。

では、ノートの燃費はどうなっているのでしょうか。

ノートはフィットやスイフトなどのコンパクトカーの競合車種と比較してもカタログ燃費が良く、燃費の良さは維持費に大きく影響します。

次には、ノートに長期間乗った場合の走行距離に応じた、走行距離別の燃費をチェックしてみましょう。

ハイブリッド車の燃費によるコスト

スクロールできます
ノート
ハイブリッド
33.8Km/L
1,000km走行時
ガソリン代
5,100円(30L)
5,000km走行時
ガソリン代
25,160円(148L)
10,000km走行時
ガソリン代
50,320円(296L)
30,000km走行時
ガソリン代
150,960円(888L)
100,000km走行時
ガソリン代
503,030円(2,959L)
※ガソリン170円/Lにて算出


燃費の良いハイブリッド車の方は、ガソリン代の節約につながるため、維持費を抑えられるメリットがあります。

ノートはハイブリッドながら車両価格も抑えられているため、維持費を低く抑えたい方には良い選択になりそうです。

また、ハイブリッド車は環境に優しいだけでなく、エコカー減税などの税制上のメリットも享受できます。

この燃費データはカタログ値を基にしており、実際の運転スタイルや走行環境によって燃費は変動します。

実際の燃費はカタログ値より低くなることが多いことと、走行距離が多くなるにつれて、駆動部品の劣化などに伴って燃費が徐々に悪くなる傾向がある点についても認識しておいてください。

ガソリン代が高くなっているから、燃費が維持費に与える影響が大きいですね。

そうですね、長距離走行をされる予定の方は、燃費を重視して車選びをすることも重要ですね。

ノートのメンテナンス代(タイヤ交換・オイル交換費用など)

自動車は多くの消耗部品(パーツ)が使われており、これらの部品は定期的なメンテナンスや突発的な故障による交換が必要になることがあります。

タイヤやエンジンオイル、ワイパーゴムなどが代表的で、交換費用は数百円から数万円までと幅広くなっています。

故障がなく、定期的なオイル交換やタイヤの交換だけで済む場合、年間のメンテナンス費用は数万円程度と見積もることができます。

消耗品のなかでも価格が高めのタイヤについては、交換が走行距離や使用状況に応じて必要となり、通常は3~5年ごとが交換の目安です。

また、雪道を走行する場合はスタッドレスタイヤも必要になりますので、その費用も考慮に入れる必要があります。

せっかくの車なのでピカピカの状態で走らせたいですよね!

車を清潔に保つための洗車もメンテナンスの一環です。

自分で洗車する場合はそれほど費用はかかりませんが、洗車機や手洗いの洗車サービスを受けると利用すると数百円から数千円の費用がかかります。

定期的な洗車は車を美しく保つだけでなく、車体の劣化を防ぐのにも役立ちます。

ノートの定期的なパーツ交換などのコスト

スクロールできます
ノート
月々の費用年間費用
オイル交換
(円/回)
333円/月4,000円
(年に1度の交換)
タイヤ交換
(円/回)
1,389円/月16,667円/年
(3年に一度の交換)
洗車費用
(円/回)
600円/月7,200円/年
(1か月に1度程度)
その他消耗品等
(ワイパーゴム、ライト等)
417円5,000円/年
(都度交換)
※ガソリン170円/Lにて算出

消耗品の代表的なもののみを記載しました、実際には車検の際などにバッテリーやブレーキパッドなどの交換も劣化状況に応じて必要となり、車検の際などに指摘されて、車検の費用と合わせて支払うケースが多いと思います。

大きな故障がなければ、そこまでパーツ代や修理代は掛からないんですね。

まれなケースですが、エンジンなどの駆動部やエアコンなどに故障が発生した場合は、数十万単位の修理費がかかることもあります。

ノートの維持費の詳細

ノート | 日産公式サイト

ノートの維持費について、なんとなく全体像を把握できてきましたか?

ここまでの費用の詳細をまとめて、ノートの維持費を、自動車ローンを考慮した場合と、自動車ローンが無い状態の2パターン作成しましたので、ご確認ください。

ノートの月間維持費詳細

自動車ローン(290万円/金利3%)支払いの場合

スクロールできます
ノート
月々の費用年間費用
自動車ローン
(273万円/金利3%)
36,076円/月432,868円/年
自動車税2,541円/月30,500円/年
自動車重量税
(エコカー減税は考慮せず)
1,025円/月12,300円/年
自賠責保険735円/月8,825円/年
任意保険
(6等級/車両保険有)
11,658円/月139,900円/年
車検費用
(法定費用を除く)
1,250円/月15,000円/年~
ガソリン代
(月1,000km走行時)
5,100/月60,520円/年
駐車場代5,000円/月60,000円/年~
メンテナンス代2,740円/月34,270円/年
合計月額64,871円~年額871,242円~
※ガソリン170円/Lにて算出

自動車ローンなし、車両価格支払い済みの場合

スクロールできます
ノート
月々の費用年間費用
自動車ローン0円/月0円/年
自動車税2,541円/月30,500円/年
自動車重量税
(エコカー減税は考慮せず)
1,025円/月12,300円/年
自賠責保険735円/月8,825円/年
任意保険
(6等級/車両保険有)
11,658円/月139,900円/年
車検費用
(法定費用を除く)
1,250円/月15,000円/年~
ガソリン代
(月1,000km走行時)
5,100円/月60,520円/年
駐車場代5,000円/月60,000円/年
メンテナンス代2,740円/月32,870円/年
合計月額28,799円~年額359,915円~
※ガソリン170円/Lにて算出

それぞれの項目の内訳としては、上記のようになります。

維持費の中でも、ガソリン代は走行距離によって大きく変動します。

走行する距離に応じて、ガソリン代の金額は大きく変わるため、実際の走行量を基にした計算が重要です。

駐車場費用についても、ご自宅に駐車スペースがある場合は不要ですし、契約する地域によって料金が大きく異なるため、具体的な状況に応じて費用を確認する必要があります。

この記事でご提示した維持費はあくまで一般的な参考値です。

実際の運転頻度や駐車場の必要性など、個々の状況に合わせて、維持費を見直してみる必要があります。

ぱっと見たところ、やっぱり車両価格と任意保険料、ガソリン代が高いですね。

その3つの項目の費用を抑える方法をご紹介します。

ノートの維持費を安く抑える3つの方法

ノート | 日産公式サイト

ノートの維持費の詳細について、月額・年額にどの程度費用がかかってくるかイメージしていただけたかと思います。

人それぞれ、ローンを活用するかどうか走行距離はどの程度かなどで費用が変化してくることもご理解いただけたのではないかと思います。

実際に上述のような様々な条件によってどの程度の金額が変わってくるのかという事と、月々の維持費を低く抑えるためのポイントを解説していきます。

状況に応じて削減可能な費用

以下は、人それぞれの状況に応じて、金額が変動しやすい項目です。

該当しそうな項目があるか、確認してみてください。

スクロールできます
ノート
月間維持費不要または、低くできる条件
自動車ローン
(290万円/金利3%)
36,072円/月一括で支払いを済ませた場
頭金の支払いを行った場合
駐車場代
(駐車場がある場合)
5,000/月~利用でき駐車場が確保できている場合
任意保険料11,658円/月保険の等級が高い場合
車両保険を付けない場合
メンテナンス費用2,740円/月洗車などを自分で行う場合
ガソリン代5,100円/月走行距離が少ない場合
燃費の良い走りをした場合
車検費用1,250円/月安価に車検を受けた場合

なにか削減できそうなものはありましたか?
駐車場などは、ご自宅などで確保できる方もいらっしゃると思うので、削減できる方もいらっしゃると思います。

月極駐車場を探す場合も、場所が少し違うだけで数千円単位で金額が違ったりするので、付近の月極駐車場をいろいろ探してみることをおすすめします。

ノートの維持費を低くするための具体的な方法

駐車場以外の維持費を抑えるための具体的な方法を3つご紹介します。

  • ガソリン代の削減
  • 自動車保険料の見直し
  • 車両価格の削減

それぞれの項目について詳しく見てみましょう。

(1)ガソリン代を低く抑える(燃費の改善)

車の燃費は、人それぞれ運転の仕方で変動幅が大きくなります。

燃費の良い走りをするために、気を付けるポイントはいくつかありますが、その中でも燃費への悪い影響が強いのが、急加速や急減速になります。

急加速・急減速は運転方法は無駄な燃料を消費してしまい、燃費の悪化につながります。

エンジンやタイヤ・ブレーキにも負担がかかってしまうことで故障の原因にもつながりやすくなります。

急加速・急減速は安全運転上も好ましくありませんので、ゆとりのある運転を心がけるようにしましょう。

不必要なアイドリングも燃料の無駄使いにつながります。

アイドリングストップ機能がついている車では、この機能を活用しましょう。

冬季に運転前にアイドリングを行う暖気運転をされる方もいらっしゃいますが、無駄なガソリンを消費することで、環境にも好ましくありません。

最近では、電気でシートを温めてくれるシートヒーター付の車種も登場しています。

車内全体を温めることはできませんが、すぐに暖かくなるのがメリットです。

寒い時期は運転前のアイドリングの代わりに、活用することも燃費の改善につながります。

シートヒーターは後付けできる商品も販売されているので、寒い時期にアイドリングをせずに温まりたい方は検討してみてください。

(2)自動車保険の見直しを検討しましょう

一度加入した自動車保険をそのまま契約し続けている方も多いと思います。

自動車保険を自分にあった適切な保険を選ぶことで、費用を抑えて保険料や補償を今より満足できる内容に切り替えることも可能です。

1.自動車保険が安くなる理由

維持費を考えると、自動車保険は安い方がいいけど、補償の内容が下がってしまうのは嫌だなぁ。

補償の内容を下げるのではなくて、補償の対象範囲を変更することで価格を下げることができますよ!

自動車保険には様々な内容があり、各社いろんな商品を販売しています。

補償内容もさまざまなので、自分が求める補償内容となっているのかが最も重要です。

不必要な補償を付けてしまって高額な保険料を支払ったままの状態の方も多いので、一度見直しをしてみることをおすすめします。

補償の内容を変更せずに、補償の範囲を限定することで、保険料を安く抑えることが可能です。

例えば、「運転者年齢条件」は、運転をするドライバーの年齢を制限することで、保険証を安く抑えることができます。

自分しか運転しない場合は、補償の範囲をドライバーを本人のみに限定してしまう事でもっと費用を下げることもできます。

保険会社によっては、その他にもより細かな設定が可能となっていて、設定を変えることで保険料を割り引く商品を用意している場合もあります。

自動車保険の乗り換えは、インターネットで見積もりを行う事ができるのでしっかり保険料を見比べて自分に合った保険を選択することができます。

現在加入している、または加入しようとしている保険と具体的にどのぐらい金額が異なるのかを見比べて、金額的にメリットが大きいようであれば、乗り換えを検討してみても良いですね。

以下のような自動車保険の比較サイトを使って複数の自動車保険を一度に比較を行う事で、最安で契約できる保険会社を探すことが可能です。

自動車保険料の見直しは維持費を下げるのに最も効率的は方法です

(3)車両を価格を下げるには

ノートの価格はある程度決まっているから、値引きしてもらっても限界があるよね?

そうですね、値引きには限界がありますね・・・。

新車ではなくて新車同然の未使用車や状態の良い中古車を検討しても良いかもしれませんね!

今乗っている車を高く買い取ってもらう

ノートの新車の平均価格は諸費用等を入れて約273万円となっています。

値引きをしてもらって多少は安くなったとしても、やはり限界はありますね・・・。

現在乗っている車があって、乗り換え予定の場合は高く買い取ってもらい、新車の頭金に充てることが可能です。

特に、中古車市場での買取価格が上昇している現在は、下取りよりも良い条件で買い取ってもらえるケースが増えています。

>>【実録】下取りよりも買取価格の方が高かった!

ノートの未使用車や状態のよい中古車を探してみる

ノートの未使用車や状態の良い中古車を探すのも一つの方法です。

新古車や未使用車は、工場出荷後に車両登録されたものの、実際には一度も使用されていない車を指します。

これらの車は、ディーラーやメーカー販売店が展示用や試乗用として用意したもので、新品に近い状態ですが、一度車両登録されているため、新車としては販売できず、未使用車や新古車として販売されています。

これらの車は新車と比較してお得な価格で購入できることが多く、納期も短い傾向にあります。

欲しいタイミングで条件よく見つけることが難しいのが難点なのですが、最近ではインターネットで全国から条件にあう未使用車や中古車を無料で探してくれるサービスもあるので、興味のある方は利用を検討してみてください

お得に車を購入したい方へ
ズバブーン車販売
引用:ズバブーン車販売

ズバブーン車販売は希望の条件の中古車を探してくれるサイトです、希望の条件を入力することで、希望予算の範囲で希望の条件の車を探してもらう事が出来ます。

登録はカンタン35秒!

カーリース(車のサブスク)を検討してみる。

カーリースや車のサブスクリプションサービスは近年注目を集めています。

これらのサービスでは、リースによって定額料金で車を利用できるというメリットがあります。

利用する会社やプランによって異なりますが、オイル交換や車検費用などのメンテナンス費用が月額料金に含まれていることが多く、複雑な手続きを避けて手軽に車を利用することができます。

例えば、業界大手のMOTAでノートをカーリースする場合、月額料金は以下の通りです

スクロールできます
ノート
11年リース
(132回払い)
月々のリース料31,350円~
支払い総額4,138,200円~
MOTAカーリース

MOTAのノートのカーリースの支払総額は413万円~になります。

購入した場合の平均価格273万円と比較すると高く感じてしまいますが、この金額には、通常車を購入する際に必要となる税金や車検費用も含まれています。

そのため、これらのコストを考慮すると、金額はそれほど高くないと言えます。

ただし、注意すべき点は契約期間です。

この例では11年のリースが前提となっており、長期間車を利用することが条件になっています。

また、自動車ローンと同様に審査が必要なため、審査に通らないケースもあることにも留意してください。

以下のサイトでは、ノートのカーリースの支払い金額の確認とカーリースの仮審査を行う事が可能です。

>>ノートのカーリースの詳細を確認する。

ボーナス併用払いをすると、月々の支払額はもっと下げることができますよ、MOTAのサイトで確認してみてください!

税金や車検費用も含まれてると考えるとカーリースも意外にお得かも。

まとめ

ノート | 日産公式サイト

ノートの維持費について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

維持費に関して安いと思った方も高いと思った方など様々いるかと思います。

そもそも車を購入する際は、購入時よりも購入後の方が様々な維持費がかかってきます。

特に自動車税などの税金や車検などのメンテナンス費など定期的に必要なものが多いです。

ここまで紹介してきた維持費については、トラブルなどの不確実な要素は含めていません。

そのため、解説してきた維持費に加えて、突発的にかかる可能性がある修理費などの費用を考えておくとよりイメージがしやすいかもしれません。

スクロールできます
ノート
月間維持費
(月間1,000km走行)
年間維持費
(年間12,000km走行)
車両のローンが無い場合
車両の購入費用は除く)
月額28,799円~年額359,915円~
ローンを含む場合
(約273万円/7年ローン)
月額64,871円~年額792,782円~
※保険等級6等級、車両保険有
※ローンはフルローン、金利は3%での試算

さらにローンの有無は、維持費の中でもその割合を大きく占めます。

実際、ノートの場合で計算してみると、上記の表に示されているようにひと月で約4万円も変わります。

この金額が安いかどうかは人によって変わりますが、そのほかに支払いを抱えている場合は、負担が大きくならないかと考えておきましょう。

そのため、ローンの使用は十分に吟味した上で検討することが重要です。

中には新車は難しいという方も居るでしょう。

実際、ノートも中古市場でも見つけることができます。

中古車ではあるので、新車購入よりも慎重に検討することが重要です。

新車にこだわって、長くノートに乗り続けると決めている方は、月々31,350円~の支払いで新車のノートに手軽に乗れるカーリース を検討してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事が、ノートの購入を検討している方の参考になればと思います。

クルマログでは、その他にもノートに関する記事を作成しています。

気になる記事があれば、ぜひ読んで参考にしてください。


  • URLをコピーしました!
目次