シエンタ モデルチェンジ情報

トヨタシエンタが2018/9/11にマイナーチェンジ!どこが変わった?

投稿日:

トヨタは2018年9月、人気ミニバンモデルである「シエンタ」のマイナーチェンジを発表しました。2015年に発売開始となった現行モデルと比較して、どんな点が変わったのかを大きく3つに分けてチェックしてみましょう。

2列シートモデルが登場


出典:トヨタ シエンタ

1つ目の大きな変更点は「2列シートモデルが登場したこと」です。

これまでのモデルは「3列シート6人乗り」と「3列シート7人乗り」の2種類で、3列目のシートを倒すことでラゲージスペースを広く使うことができるようになっていました。

新型の2列シート5人乗りモデルでは、「アウトドアに最適」というコンセプトのもとで、ラゲージスペースの使い勝手を良くするためにさまざまな改良が加えられています。

例えば、ラゲージスペースの両サイドに設置されたユーティリティーホールには、フックやデッキボードを取りつけることができるため、大量の荷物であっても効率的に収納することができるでしょう。

また2列目シートは前向きにフラットな状態まで倒すことができるため、ラゲージスペースに自転車やサーフボードを積んだり、車中泊用のスペースとして活用したりする、ということも十分に可能です。

 

安全性能がパワーアップ


出典:トヨタ シエンタ

2つ目の変更点は「新しいシステムを複数搭載したこと」です。特に、安全性能に関する2つの機能が加わったことは注目に値します。

1つ目は走行進路上にある障害物を感知すると自動でブレーキをかけてくれる「インテリジェントクリアランスソナー」で、もう1つは歩行者との接触事故を避けるためのセンサー「Toyota Safety Sense」です。

加えて、パワースライドドアが稼働している間にカギをかけることができる「予約ロック機能」や、後部座席に荷物の置き忘れがあるとセンサーで知らせてくれる「リヤシートリマインダー機能」も加わり、自動車としての機能性や快適性もさらにアップしています。

 

エクステリアの質感が向上


出典:トヨタ シエンタ

3つ目の変更点は「エクステリアの質感向上」です。フロントバンパーやグリルに加えて、ヘッドランプやホイールキャップのデザインも変更されており、質感や高級感がアップしたと高く評価されています。

特に、ユニークな台形グリルのスタイルが変わったことは多くのファンから反響を呼びました。加えて、カラーバリエーションがさらに6色プラスされて全10色になっています。

この他に、ハイブリッドモデルは燃費がさらに向上したことや、充電用のUSB端子が設置されたことなどもマイナーチェンジによる変更点です。

ディーラーで下取りしたら〇〇万円も損するところだった…!

ディーラーに言われるがまま下取りに出してしまうと損する可能性があります。

私の愛車セレナを一括査定してもらった結果、下取りとの差額が25万円もありました。

かんたん車査定ガイドなら最大10社の査定額を比較でき、申込みと同時に概算価格も分かります。

申込みはたったの1分!利用は無料・キャンセルOK。

もう下取りで決めているんだという方でも、一括査定は下取り額アップの交渉材料にもなるので利用して損はないですよ。

※提携している査定会社の一部

\利用者数は280万人を突破/

かんたん車査定ガイド詳細はこちら

⇒たったの45秒!愛車の概算価格を調べる

 

早分かり!車一括査定ランキング

初めて使う方にも分かりやすく安心できるサイトをランキングにしました!

参考記事車買取一括査定サイトおすすめ人気比較ランキング

かんたん車査定ガイド

特徴早分かり

  • 提携業者は全て優良企業
  • 概算価格がスグに分かる
  • サイト名通り入力がかんたん
  • 45秒で依頼があっという間
  • 利用者数280万人を突破

ズバット車買取比較

特徴早分かり

  • カスタマーサポートで困った時も安心
  • 概算価格がスグに分かる
  • 利用者数100万人を突破

カーセンサー

特徴早分かり

  • 提携業者は1000社以上
  • 大手買取業者から地域密着店まで幅広く対応
  • 地方住みの方におすすめ

-シエンタ, モデルチェンジ情報
-, , ,

Copyright© 【くるまログ】ファミリーカーおすすめ人気ランキング , 2019 All Rights Reserved.