ムーヴキャンバス

【2018】ムーヴキャンバスがにマイナーチェンジ!スマアシⅢが搭載!

ダイハツは人気の軽自動車モデルである「ムーヴキャンバス」のマイナーチェンジおよびグレード形態の変更を発表しました。この発表は2018年8月20日に行われ、販売は9月3日から開始されています。では、今回のマイナーチェンジによってどんな点がグレードアップしたのか見ていきましょう。

スマートアシストⅢが搭載!


出典:ムーヴキャンバス

今回のマイナーチェンジによる変更でとりわけ注目すべきポイントは「スマートアシストⅢ」が搭載されたことです。

小型ステレオカメラとブレーキアシスト機能により、対向車や歩行者との衝突リスクが大幅に軽減されました。また、方向指示器を使用せずに車線変更をしようとすると、アラームで運転手に注意を促すという機能も搭載されています。

加えて、車体の前方および後方にソナーセンサーが取り付けられており、4m以内の距離に障害物がある状態でアクセルを踏みこもうとすると、自動的にブレーキがかかることで急発進を防ぐことが可能です。こうした多彩な機能を搭載することで、ムーブキャンバスの安全評価は大きく向上しました。

さらに、周囲の明るさを検知してヘッドライトの明るさを自動で調整する「オートハイビーム」機能も新しく追加されており、運転中の不必要な作業を軽減することに成功しています。これが全グレードに標準装備された、という点は市場関係者から高く評価される結果となりました。

 

グレード分けされ、グレード名がすべて変更に!


出典:ムーヴキャンバス

新型ムーブキャンバスの変更点2つ目は「グレード分け」です。スマートアシストⅢの搭載によって、これまでのグレード名がすべて変更になりました。加えて、両側パワースライドドアを搭載した「メイクアップリミテッド」「ブラックインテリアリミテッド」という2つの新規グレードが設定されたので、トータルとしては7つのグレードになりました。

このパワースライドドアには最新の予約ロック機能も付属しており、実用性と機能性を向上させることで主婦層への訴求ポイントとする狙いがあります。各グレードには2WDと4WD仕様が準備されているので、マイナーチェンジ後はこれまでの全10車種から全14車種へと変更になりました。

 

ボディーカラーが4色追加!


出典:ムーヴキャンバス

3つ目に変更された点は「ボディーカラー」です。マイナーチェンジ後は4つの新色が追加され、モノトーンカラーとツートンカラーを合わせて全15色となりました。ただし、2トーンからのデザインを選択するには、オプション料金として64,800円を支払う必要があるということを覚えておきましょう。