結婚して車を2台から1台に。これからのことを考え手放すことにしたよ。 | 【くるまログ】ファミリーカーおすすめ人気ランキング
  1. ホーム
  2. 車を手放した体験談
  3. ≫結婚して車を2台から1台に。これからのことを考え手放すことにしたよ。

結婚して車を2台から1台に。これからのことを考え手放すことにしたよ。

「このまま2台持っていた方が良いのか?」

それとも

「1台手放したほうが良いのか…。」

 

これほんと悩みませんか?

結婚したばかりって、式のお金とか一緒に暮らし始めたりするのに必要な家電家具にお金がかかって、貯金も全然できない…。

だから家計を見直したときに、けっこう維持費がかかってる車を手放したほうが良いんじゃないかって思ったんですよね。2台も必要ないんじゃないかって。

悩んで悩んで考えた結果、私は結婚を機に車を手放しましたよ。そのときの話をしてみたいと思います。

学生の頃からの相棒だった愛車

私は大学進学と共に新車で軽自動車を購入し、マイカー通学をしていました。なぜ贅沢にもマイカー通学だったのかというと、大学まで公共交通機関を使うと電車の乗り換え2回、バス2回を乗り継がないといけなく、通学時間も1時間半から2時間はかかってしまうからだったんです。

でも車だと国道を通って45分で着くため、定期代と時間の節約を考えると、マイカー通学のほうが効率良かったんですよね。

車はのちのち大人になっても使いますし、持っていても損はないと思い購入したので、当時はすごく大切に使っていました。

実際に短大時代は朝から晩まで講義が詰まっていて多忙だったため、車での通学時間の短縮は本当に助かりましたし、たまに友達を送って帰り、おしゃべりを楽しんだりと大活躍でした。

 

結婚してすぐの妊娠。家計も苦しく将来のことを考え、車を手放すことを決断!

就職してからも少し不便な土地でしたが、マイカーのおかけで困る事なく通勤していました。きっと一生の愛車になるだろう、と思っていたんですけど、当時お付き合いしていた方と結婚することになり、程なくして妊娠していることが発覚。

私はつわりがひどい方だったらしくて、何も食べれなくなり点滴を受けることもある程だったため、仕事にも行けず…。また妊娠しながら働くには難しい職業だったので退職しました。

当時私は21歳、旦那は24歳と若くしての結婚、妊娠発覚だったため、まとまった貯金はほとんどなく、年収も低く、決して楽ではありませんでした。

 

ですので何とか節約しないといけないと思い、私か彼の車どちらかを売ることになったんです。
私は軽自動車、彼は3ナンバーの車だったので、税金や車検のことを考えると私の軽自動車のほうが維持費は安くなります。

ガソリン代もあまりかかりませんが、将来子どもが増えることを考えると彼の車のほうが良いのではないか、という結論にいたり、私は愛車を手放す覚悟を決めました。

 

大切にしていた愛車を手放すのは、やっぱり寂しかったけど…

車の知識は乏しいなりにこまめに洗車をしたりと大切にしていたので、正直手放すのは惜しい気持ちで一杯でしたが、これから生まれてくる家族やこれからの家族計画のために売却しました。

売却する際は少しでも高く値がつくように前日に念入りに洗車をして隅々まで磨いたのを昨日のように覚えています。

結果、大切に使っていたことと、購入してからそれ程の年月が経っていない事、前日の念入りな洗車のおかげか、かなり良い御値段で買い取っていただけました。

それからは旦那の車を乗りこなせるように必死に練習させられました。笑 なんせ、軽自動車から3ナンバーですから車の大きさが全然違うため感覚が難しく、そこだけは本当に苦労しました^^;

ですが今では、旦那より私のほうが日々乗り回しています!私の愛車もどこかで活躍してくれていると良いなぁなんて思ってます。

下取りとの差額がこんなにも・・・

ディーラーに言われるがまま下取りに出してしまうと損する可能性があります。

私の愛車セレナを一括査定してもらった結果、下取りとの差額が25万円もありました。

 

かんたん車査定ガイドなら最大10社の査定額を比較でき、申込みと同時に概算価格も分かります。申込みはたったの1分程度、無料で利用OK。

 

もう下取りで決めているんだという方でも、一括査定は下取り額アップの交渉材料にもなるので利用して損はないですよ。

 

※提携している査定会社の一部

 

利用者数は280万人を突破↓ 無料かんたん車査定ガイドはこちら

⇒愛車の概算価格を調べる