コラム

自動車保険の選び方!補償内容の考え方や対面型と通販型どっちが良い?

投稿日:

自動車の維持のためにはいろいろな費用がかかるものです。税金や自賠責保険といった必ず支払わなければならず金額が決まっているものがまずあります。

その他には、メンテナンス費用やガソリン代、車検代などがあります。これらは必ずかかるものですが、どのようなサービスをどこまで受けるかということによって金額がかなり変わってきますので、節約のし甲斐がある部分です。

これらに加えて、選び方次第で大きく金額が変わるものに任意の自動車保険があります。自動車保険の費用は全体の維持費の中でも大きな部分を占めることがありますので、上手に選ぶことが必要となってきます。

補償内容はどうやって決めたら良い?

よく考えたいのがどこまで補償を付けるかということです。本来民間の自動車保険は絶対に必要というものではなく、あくまで自動車を運転する人が任意で付けるものです。

もちろん、自賠責保険だけでは何かあった時に十分に補償できませんので、任意の保険であっても入っておかなければならないのですが、どこまでの補償とするかは完全にそれぞれの自由に任されています。

そして、この補償内容によってかなり金額が変わりますので、じっくりと比較検討することが大事なのです。

まず基本となるのが対人補償と対物補償です。これは、事故を起こして誰か、もしくは何かに損害を加えてしまった場合、いくらまで保険でカバーしてくれるかということになります。

たいていの場合、自分でいくらの補償額とするかを選べますが、これらは「無制限」つまり補償しなければならない全額をカバーしてくれるという内容にすべきです。

万が一相手が死亡した場合、重度の障害を負わせてしまった場合などは莫大な補償が請求されますので、制限を付けると大変なことになりかねません。

また、傷害保険は自分や搭乗者などに万が一のことがあった際に補償するためのものです。これも大きな額が必要となることがありますので、しっかりと補償を付けましょう。

これらは自動車保険の基本となるものですので、きちんとした補償がなされるようにすることが求められます。

一方で、他の特約や補償、車両保険に関しては省略できる、もしくは補償内容を引き下げることができます。

特に車両保険を付けるか付けないかで相当の差が出てくるでしょう。こればかりはどこまで万が一に備えたいと思っているのかによって変わってくることですので、車両保険の有無のどちらも試算してみて考えることをおすすめします。

 

対面型と通販型どっちが良い?

自動車保険には対面型と通販型があります。対面型とは、いわゆる保険の外交員などが自宅まで来てくれたり、保険代理店の窓口で担当者と話し合ったりして決めるというものです。

一方の通販型は、インターネットなどで補償内容を見ながら自分で調整をした上で、申し込みを行います。

対面型は保険のプロと相談しながら決めますし、分からないことがあったら聞くことができますので、しっかりと保険について理解し納得した上で決められます。

また、素人が見落としがちな点も説明してくれますので、充実した補償を付けられるのがメリットです。保険のことにあまり詳しくなくて、毎日のように車に乗っているので補償はしっかりとしたい、という人に向いているものだと言えるでしょう。

一方で、通販型は自分で保険内容を見ながらじっくりと時間をかけて決められますので、一人でしっかりと比較した上で決めたいという人、勧誘などが面倒なので煩わされることなく自分で考えたいという人に向いています。

また、ある程度保険の知識があり、どの補償がどのくらいあったら良いのかを理解している必要もあります。インターネットでの契約の場合は、割引が適用されることが多いので、よりお得に自動車保険に入れるのがメリットです。自分一人でも保険内容を決められて、お得に保険に加入したいという人に向いているタイプだと言えるでしょう。

このように、対面型、通販型どちらにもメリットデメリットがありますので、自分に合ったものを選んでみてください。

 

自動車保険を安くするためにはどうしたら良い?

自動車保険を安くするためには、ひたすら複数の選択肢を比較することに限ります。

いろいろな会社のプランを比べてみること、同じ保険会社でも、補償内容ごとの保険金をいくらにするのかを試算して比較することです。

保険は補償を厚くすれば保険料が高くなり、お得に済ませようとすればそれだけ補償が薄くなります。そのバランスを取ることがとても大事ですので、いろいろ比較することで、自分にとってベストと思えるポイントを見つけられるでしょう。

そして多くの場合、自動車保険にはいろいろな細かい特約が付いてくるものです。あると便利ですが、たいていの場合なくてもそれほど問題になるほどではなかったり、重複した内容になっていることもあります。

不要と思える特約はできるだけカットすることにより、本来必要な補償を充実させつつ、お得に保険を利用できるようになるのです。

まずは一括見積もりサイトなどを利用して、現在の保証内容と同じ条件で比較してみるのがおすすめです。

⇒【無料】自動車保険一括見積もりはこちら

 

ディーラーで下取りしたら〇〇万円も損するところだった…!

ディーラーに言われるがまま下取りに出してしまうと損する可能性があります。

私の愛車セレナを一括査定してもらった結果、下取りとの差額が25万円もありました。

かんたん車査定ガイド」なら最大10社の査定額を比較できます。申込みはたったの45秒、無料、キャンセルOK。

もう下取りで決めているんだという方でも、一括査定は下取り額アップの交渉材料にもなります。

入力画面上ですぐに相場・概算価格が分かるので、まずは営業マンに伝えて足元を見られないようにしてください。

今の相場価格だけ知りたい方の利用もOK。車の価値は日に日に下がっていくので早めにチェックしておきましょう。

※提携している査定会社の一部

\利用者数は280万人を突破/

かんたん車査定ガイド詳細はこちら

⇒たったの45秒!愛車の概算価格を調べる

早分かり!車一括査定ランキング

初めて使う方にも分かりやすく安心できるサイトをランキングにしました!

参考記事車買取一括査定サイトおすすめ人気比較ランキング

かんたん車査定ガイド

特徴早分かり

  • 提携業者は全て優良企業
  • 概算価格がスグに分かる
  • サイト名通り入力がかんたん
  • 45秒で依頼があっという間
  • 利用者数280万人を突破

ズバット車買取比較

特徴早分かり

  • カスタマーサポートで困った時も安心
  • 概算価格がスグに分かる
  • 利用者数100万人を突破

カーセンサー

特徴早分かり

  • 提携業者は1000社以上
  • 大手買取業者から地域密着店まで幅広く対応
  • 地方住みの方におすすめ

-コラム
-

Copyright© 【くるまログ】ファミリーカーおすすめ人気ランキング , 2019 All Rights Reserved.