タント

タントが7/9にフルモデルチェンジ!どこが変わった?

ダイハツのタントがフルモデルチェンジを経て、2019年7月9日に新型モデルに生まれ変わりました。

今回のフルモデルチェンジは「新時代のライフパートナー」がコンセプトで、軽自動車で初めてとなる機能も多く採用された注目のモデルです。

では、具体的にどこが変わったのかを詳しく見ていきましょう。

新型タントの需要

タントは、軽自動車としては最も背の高いスーパーハイトワゴンです。

そのため、車内はとても広く、後部座席にはスライドドアを組み合わせてとても使いやすくなっています。

また、新型モデルでも、標準のタントとカスタム仕様のタントカスタムの2つのスタイルが設定されており、パワートレインには自然吸気エンジンとターボエンジンも前モデル同様に用意されています。

乗心地もGOOD

出典:タント公式

新型タントには、プラットフォームに「ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(DNGA)」を採用して操縦安定性を大幅に向上させています。

パワートレインも前モデルより改良されて加速性能がアップしました。

乗り心地は大幅に良くなっているようですね。

外観はスタイリッシュに

引用:ダイハツ タント公式サイト(https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/)

出典:タント公式

外観のデザインには、親しみやすいデザインはそのままに、新しい要素が取り入れられています。

タントといえば人懐っこいフロントマスクが特徴ですが、新型ではヘッドライトがシャープになって、以前よりスタイリッシュさを増していますね。

また、タントカスタムにはメッキ加飾が随所に取り入れられており、標準仕様よりもさらにスタイリッシュな仕上がりになっています。

ボディカラーにも新色が採用され、標準のタントが全9色、タントカスタムがモノトーン8色、ツートン3色の全11色になりました。

収納力もUP

引用:ダイハツ タント公式サイト(https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/)

インテリアも個性的な雰囲気になっていますよ。

運転席にはスポーティーなデザインが取り入れられ、外板の色に合わせてブルーがアクセントに設定されています。

内装装備も充実しており、カラーのマルチインフォメーションディスプレイ、高さ調節が可能なチルトステアリング、運転席のシートリフターなどがグレード別に用意されています。

運転席側にインパネアッパーボックス、助手席側にインパネトレイが設置されたことで、収納力も向上しましたね。

新型タントの新機能

続いて、新型タントで注目の新機能を見ていきましょう。

「ミラクルウォークスルーパッケージ」

出典:タント公式

要注目なのが「ミラクルウォークスルーパッケージ」です。

運転席を大きくスライドさせて後部座席とスムーズな移動を可能にした540mmのロングスライドシートで、これは世界で初めてとなる採用です。

標準装備となるグレードは限られますが、このシートがあれば運転席に座ったまま、後部座席に座らせた子どもの世話も楽にできるようになります。

ファミリーにはとてもうれしい機能ですね。

「ウェルカムオープン機能」

出典:タント公式

もう一つは、「ウェルカムオープン機能」という軽自動車で初めてとなるパワースライドドアです。

グレードによって標準装備かメーカーオプションかが異なりますが、車を降りる時に予約しておくと、次に乗る時に車に近づくだけで自動でドアが開くという優れものです。

子供の抱っこ、買い物など両手がふさがっているような時に便利ですね。

安全装備が新たに追加

出典:タント公式

新型タントは安全装備も充実しました。

なかにはメーカーオプションのものもありますが、全部で9つの安全装備が新たに追加されています。

従来のスマートアシストⅢを踏襲した安全装備ですが、エンジン出力抑制に加えてブレーキ制御も追加された誤発進抑制装置に注目です。

最近ではエンジンとブレーキの踏み間違いによる事故が多いですから、安全性をより高めたこの機能が加わったのはありがたいですね。

このほか、アダプティブハイビームや全車速対応アダプティブクルーズコントロール、パーキングアシストなど、このクラスの軽自動車で初となる機能もいくつか採用されています。

このように、デザイン、走行性、快適性、それに安全性と、新型タントは前モデルから総合的に進化したことがよくわかる内容です。